大学生で「預金100万円」は珍しくない!? フレッシャーズのお金事情

写真拡大

不況の時代に育った今年の入社予定の学生(大学・専門学校卒業予定者※25歳以下)の、お金に対する意識を調査。「現在の預貯金額」と、「社会人1年目に貯めたい額」のアンケートを行いました。

現在の預貯金額は?(平均)
399,600円

現在の預貯金額は?(金額別)
10万円未満 ...24%
10万円以上、50万円未満 ...50%
50万円以上、100万円未満 ...14%
100万円以上 ...12%

何を貯めたものですか?(複数回答)
バイト代 ...77%
お年玉 ...50%
お小遣い ...38%
親の積み立て ...9%
その他 ...8%

(※小数点第一位四捨五入)

驚くべきは10人に一人が、学生にして100万円以上も貯めていること。子どもの頃からの不況で、厳しい世の中を賢く生き抜く術が染み付いているのかもしれません。一方で、もはや「預貯金額」ではなく「残高」と呼ぶべき10万円以下の人も約1/4と少なくありませんでした。さらに、「社会人1年目での目標預貯金額」を聞きました。

社会人1年目の目標預貯金額は?(平均)
968,800円

社会人1年目の目標預貯金額は(金額別)
50万円未満 ...14%
50万円以上、100万円未満 ...30%
100万年以上、200万円未満  ...46%
200万円以上 ...9%

(※小数点第一位四捨五入)

【理由】
目標額700万円―ひたすらためて、不労所得の源泉にする。(女性/学校・教育業界内定/4年制大学)
目標額200万円―実家だからそんなに出費はないし、給料もほとんど使わないつもりだからとにかく貯める。いつか結婚したり家を出たり大きな買い物をする時が来たら使う。(女性/運輸・倉庫/大学院)
目標額150万円―給料の半分は貯金に回して、結婚費用や独立費用に備えたい。(男性/団体・公益法人・官公庁/4年生大学)
目標額100万円―貯めたお金で資産運用したいです。(男性/金融・証券/4年生大学)
目標額100万円―毎年100万ずつためて、老後に備える。(女性/団体・公益法人・官公庁/4年生大学)
目標額50万円―将来何があるかわからないから貯金しておく。(女性/運輸・倉庫/4年生大学)
目標額50万円―奨学金の支払いがあるのであまり貯金はできないが、結婚も控えているのでその資金にしたい(女性/団体・公益法人・官公庁/6年生大学)
目標額12万円―1年目は毎月1万円貯金を目指す。今後は株式や債券に投資できるだけの資金を蓄えて運用したい。(男性/団体・公益法人・官公庁/4年生大学)

ここでもやはりしっかりと「貯める」ことを意識している「堅実派」が多数のようです。結婚や車購入、一人暮らしの資金、投資など、しっかりとした目的を持った人がいる一方で「将来困らないようにするため」(男性/金融・証券/4年生大学)のように、漠然とした不安からお金を貯める、という人も見受けられました。将来のために貯蓄は大切ですが、「今」を楽しむことも忘れずに!
文●オリス(ニーマルマル)
調査期間:2012年1月
アンケート対象:フレッシャーズ マイナビスチューデント会員(25歳以下)
有効回答数:266件(ウェブログイン式)