【動画】「TAKE FREE」と書かれた『コカ・コーラ ゼロ』は氷塊の中に そのとき人はどう行動するのか

写真拡大




昨年のクリスマスには全国に“ハピネストラック”を走らせて人々にハピネスとクリスマスギフトを配った日本コカ・コーラが、今度は『コカ・コーラ ゼロ』を無料でプレゼントしていたようです。でも、なにやら様子がおかしい。「TAKE FREE」と書かれているものの、肝心の『コカ・コーラ ゼロ』の缶は巨大な氷塊の中に閉じ込められています。これは何かのなぞかけなのか……。会場に参加した人たちが、悪戦苦闘して缶を手に入れる様子が『YouTube』に動画で公開されています。あなたならどうしますか?

ヒールでたたき割ろうとする女性
屋外に設置された巨大な氷塊は、総重量3トンにもなる大きさ。「TAKE FREE」と書かれているのに気づいた通行人が、おそるおそる近づいていきます。爪でこすってみてあきらめる子どももいれば、サイフからコインを出して削ってみようとする男性、ハイヒールを脱いでヒールでたたき割ろうとする女性もいます。ワイルドですねえ。

氷塊の一角にカギが
どうやら簡単に壊せないようですが、氷塊の一角にあるものを発見する男女。何かのカギのようです。これを取り出すにはどうすればよいのか。

カギを取り出す清掃員とカフェ店員
清掃員の男性がモップ、カフェ店員らしき女性がバーナーを手にして現れ、氷塊の一部をバーナーで溶かしてからモップで突くと、氷が壊れてカギが取れた! これを見守る人たちから歓声があがります。このカギをどう使うのかは、動画を見てのお楽しみ。まるで脱出ゲームのような展開が待っていますよ。

缶をゲットして雄たけび!
詳細はここでは省きますが、ついに氷を割った男性。缶を手にして雄たけびを上げます。ここから次々と取り出され、集まった人たちに手渡されていく『コカ・コーラ ゼロ』。

美味しそうに飲む参加者
苦労して手にした分、美味しいのでしょうね。飲んでいる人たちはみんな笑顔です。最後に「BORN TO BE WILD HEALTH」のコピーと『コカ・コーラ ゼロ』。都会の真ん中で巨大な氷塊と格闘する“ワイルド”な体験が収められた『コカ・コーラ ゼロ』のプロモーションムービーでした。BGMはステッペンウルフの『ワイルドでいこう!』をカバーして制作した『コカ・コーラ ゼロ』版の『Born to be Wild』。参加者のドキドキ感が生々しく伝わってくる映像作品です。

画像:『YouTube』より引用

重量3トン!破壊不可能?巨大な氷塊からコカ・コーラ ゼロを手に入れろ(YouTube)
http://youtu.be/w2STPom00uQ


すべての画像が表示されない場合はガジェット通信をご覧ください。
http://getnews.jp/archives/171266