韓国MBC放送のバラエティー番組で、黒人を侮辱する場面があったとして、国内外から批判を浴びている問題で、同番組のパク・ヒョンソクプロデューサーは28日、「傷ついた方々にお詫び申し上げます」と述べ謝罪した。複数の韓国メディアが報じた。

 パクプロデューサーは、メディアのインタビューに答え、「黒人を蔑視する意図はなかった。漫画『赤ちゃん恐竜ドゥーリー』に登場するキャラクター“マイコル”をまねて笑いを取ろうとした。不本意にも傷けた方々には申し訳ない」と話した。

 今回問題になっているのは、1月21日に放送された人気バラエティー番組「世界を変えるクイズ−セバキ」。番組では女性お笑いタレントが漫画のキャラクターに扮して登場した。

 しかし、2人が顔を黒く塗り、唇を厚くし、髪の毛がカールしたかつらをかぶるといった姿だったことから非難が殺到した。放送後、番組の映像が動画投稿サイトYouTubeに投稿されると、海外ネットユーザーの間からは「人種差別」との声が上がった。

 ある黒人女性は、「MBCは一体何を考えているのか」といったタイトルの動画を通じ、「韓国人はほかの人種を尊重しない」などと批判した。26日には白人男性が、MBCを批判する動画を投稿し、「これは明らかに黒人を侮辱している。韓国人はほかの国の人々に対し理解を示さなければならない」と主張した。

 韓国メディアによると、韓国では同問題について賛否両論だという。「外国人の立場から見れば気分が悪くなるだろう」といった意見のほか、「番組を見れば、黒人を蔑視する意図がないことは明白だ」と反論するなど意見は別れているという。(編集担当:新川悠)