120226NEWS01.jpgエレガントでアヴァンギャルド。相反する魅力を持ち合わせ、熱狂的なファンが多いヴィヴィアン・ウエストウッド

そのヴィヴィアン・ウエストウッドが、3シーズン前から発表しているコレクションが「エシカル アフリカ コレクション」です。

このコレクションは、アフリカの女性労働者たちに仕事を与え、報酬をえる機会を提供することで、国際的価値連鎖に加われるようにと始められたプロジェクトです。ただ援助に頼るのではなく、持続可能なビジネスの成長を促進し、安定性をもたらすことを目的としたもので、チャリティではなく、取り組みなのだそう。

ヴィヴィアンといえば、反抗的なイメージがあり、もしかしたら、エシカルとは程遠いと思っていた方もいらっしゃるかもしれません。ですが、彼女自身が働く女性であり、いつも時代を見つめる鋭い視線を感じるコレクションを見れば、納得できるはず。

第3弾となる今回は、手作業による刺繍や熟練の技によるビーズ加工が施された豪華なラインナップ。

「I love crap」や、「CHAOS」といった反抗的なスローガンがデザインされ、新作コレクションでありながら、ブランドの原点も感じられるコレクションに。また、アフリカの素材からインスパイアされたデザインでもあるそうですよ。

120226NEWS02.jpg

すべてのモデルは、リサイクルキャンバスや再利用された沿道広告のバナー素材、レザーの切れ端などが使用され、先シーズンより素材の種類も増えています。リサイクルすることで、焼却されるものが減り、大気汚染を防ぐことにつながります。

ちょっとアヴァンギャルドかなと思っていた人も、この取り組みとコレクションは、また違った魅力があるので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。そこから、ヴィヴィアン・ウエストウッドワールドに惹きこまれてしまうかもしれませんよ!

[Vivienne Westwood エシカルコレクション]
発売日:2月17日
取扱店舗:MAN 表参道店、各GOLD LABEL SHOP
text by 林ゆり
--------------------------------------------------------------------------------
hayashiyuri_p.jpgブランド研究家。大学在学中にスカウトされたのをきっかけに、朝の情報番組のキャスターとしてデビュー。その後、関西を中心にテレビ、ラジオ、舞台など幅広く活躍。拠点を東京に移した後、ブランド研究家として執筆活動を始める。アルチザン(芸術家的職人)の技に支えられたブランドに魅せられ、それらが似合う女性になるため自分自身を磨く毎日。職人技のすばらしさを伝えていくために奔走中。

■ あわせて読みたい
織物の残糸をエコ活用して生まれた粋なブローチ「ITO BROOCH」
悩みタイプ別に解説! 本当に気持ちいい部屋づくりのポイントとは?
アレクサ・チャンも登場! イギリスでピープル・ツリーがグリーンなナイトパーティを開催 
2/14はふんどしの日! 冷えやむくみを解消できるおしゃれなふんどし「しゃれふん」にトライ