26日(日)にさいたまスーパーアリーナで開催されたUFC144「Edgar vs Henderson」出場選手たちのコメント。ジェイク・シールズ、その対戦相手となった秋山成勲、山本KID徳郁、福田力ら試合後のコメントは下記の通りだ。

■ジェイク・シールズ
「勝つことは、いつも素晴らしい。アキヤマは思っていたよりもタフで、もの凄く尊敬しているよ。パンチは重かったけど、運よく2発ぐらいしかヒットしていない。

ほんと、試合はどんな風になるか誰にも分からない。次の試合は、僕のチームメイトと物言いのついたファイトで勝ったカーロス・コンディットと戦いたい。また、日本のファンが大きな声援をあげてくれて、信じられない思いだった。本当に最高だよ」

■秋山成勲
「これが今の自分の実力です。テイクダウンは戦略の一つでした。まずはディフェンスに集中しながら相手の弱点を見つけて、そこを攻めようと思いました。このままウェルター級でやってきたいですが、少し時間をおいて考えたいと思います」

■ティム・ボーシュ
「まだ勝った実感がない。最初の2Rはダメだったけど、3Rにひっくり返せた。オカミのパンチは予想よりずっと強かった。前に出ないといけないことが分かっていて、だからアッパーで試合を決めることができた。

いずれにしても最高の夜だ。次はダン・ヘンダーソンと戦いたい。彼は僕のヒーローだし、ヒーローを打ち負かすことが出来てこそ、本当に強いファイターと言えるからね」

■山本KID徳郁
「グラウンド勝負を避けたかったんだけど、それが出来なかった。初歩的なミスです。今後は次までにもっと練習して、全般的にスキルを高めたいです」

■福田力
「スティーブがすごく強いというのは、試合前から分かっていました。とても緊張していたけれど自分を信じていたので、勝てたことがとても嬉しいです。もう少しテイクダウンしたかったけれど、彼はすごく足腰が強かった。

交通事故にあったこともあり休養せざるを得なかったですが、待っていた甲斐がありました。こんな機会を与えてくれたUFCに感謝します。また、すぐに試合に出たいです」

■ヴァウアン・リー
「世界で最も気分の良い、クレージーで信じられない気持ちだ。ここは日本だし彼を見に来ているお客さんがいるから、きっと彼もプレッシャーを感じていると思っていた。

僕も以前、同じような状況になったことがあるから、彼の気持ちはわかるし、僕にとってアドバンテージだった。PRIDEの時のように日本のお客さんは静かだろうと思っていたけれど、彼らは大声を挙げて凄かった。昨年は、意識を散らすためにパンチにはパンチで対抗しようと思っていて、その通りになった」
水垣偉弥&田村一聖ら、その他のコメントはコチラ