シリーズ1から5回目まで、「経験から学ぶ力」について考えてきた。しかし、企業の方からよく言われるのは「基本的な考え方はわかったが、職場で経験学習を活性化させるためのツールがほしい」という要望である。

 シリーズ最終回の本稿は、いままでの内容を踏まえて、人が育つ職場づくりのツールについて紹介したい。具体的には次の3つである。

・経験学習力チェックリスト
・経験学習カルテ
・経験キャリアシート

 それぞれ、「経験から学ぶ力をチェックする」「短期間の経験を振り返る」「長期的な経験を振り返る」ためのツールだ。ただし、シンプルな形で設計しているので、各職場の実情に合わせてフォーマットを改良してもらってかまわない。では、各ツールについて説明しよう。

 本シリーズを貫くメッセージは「適切な『思い』と『つながり』を大切にし、『挑戦し、振り返り、楽しみながら』仕事をするとき、経験から多くのことを学ぶことができる」という考え方だ。「自分の経験学習力はどの程度なのか?」という疑問を持つ人のための自己診断ツールが、次ページの図表1に示したチェックリストである。

続きはこちら(ダイヤモンドオンラインへの会員登録が必要な場合があります)


■関連記事
・ビジネスパーソンが成長するにはなぜ経験から学ぶ力が必要になるのか?神戸大学大学院経営学研究科教授 松尾 睦
・「思い」と「つながり」こそが経験から学ぶ力の原動力 神戸大学大学院経営学研究科教授 松尾 睦
・お互い逃げ場のない OJT指導‐被指導の関係を脱する
・新人を短期間で戦力化する!OJTの進め方
・社員教育がなくても若手が育つ環境は作れる!企業競争力を高める「新しい人事制度」を導入せよ マネックス証券・松本大社長×ネットイヤーグループ・石黒不二代社長 対談【後編】