資格試験に受からない人に共通の勉強法

写真拡大

 キャリアアップを目指す時、価値の高い資格の取得は一つの近道となります。しかし、社会人として仕事をこなしながらの資格取得となると、勉強時間を確保するだけでも大変。  
 しかも資格試験は結果が全て。合格できなければ、1分も勉強しなかった人と同じです。限られた時間の中で、確実に成果を出すには、どうすればよいのでしょうか。
 『7人家族の主婦で1日3時間しか使えなかった私が知識ゼロから難関資格に合格した方法』(中経出版/刊)の著者で税理士の原尚美さんにお話を伺いました。


―原さんは現在税理士として活躍されていますが、学生の頃から税理士を目指していたわけではなく専業主婦をやっていらしたんですね。

原「そうですね。大学時代からキャリア志向はあまりなかったんです。専業主婦に憧れていたので、大学を卒業したあと2年間OLをしてから結婚したんですよ。ところが結婚した相手の家というのが、7人家族の大所帯だったんです。しかもいわゆる“本家”で長男の長男という家だったということもあって、家事がものすごく大変だったんです。
7人というのは、義理の祖父母と義理の父、義理の姉、夫、夫の妹だったのですが、要するに家事の担い手がいない家だったんです。だから家事はすべて私でした。
3世帯だから食事の時間帯もみんな違うんですよ。朝ごはんを2回作って、お昼も作って、晩御飯も7時と10時に2回、だから1日5回ですね。部屋も10部屋ぐらいあって掃除も大変だし、洗濯の量も多い。本家だから、来客も多かったですね。最初はがんばって「いいお嫁さん」していたんですけど、だんだんと辛くなってきました。“原さん家(ち)のお嫁さん”ではない自分のアイデンティティが欲しくなってきたんです。でも、その状況で働くなんてとても無理ですし、お稽古ごとも言い出しにくい雰囲気でした。夫が公認会計士だったので、税理士資格の勉強のためと言えば、誰にも反対されずに外出できた、というのが正直なところです」

―そして、税理士資格を取るための勉強を始めた原さんですが、日常的に勉強をするというのは久しぶりではなかったですか?

原「学校を卒業してから、ずっと勉強していなかったので、まずは机を片付けるところから始めました。勉強するためには“空間”と“時間”が必要です。まずは“空間”を作らなければ勉強の世界に戻れないと思いました。だから雑誌や漫画やゲームを全部すてて、机の周りには専門学校のテキストと電卓以外には何もない空間を作りました」

―勉強する“空間”づくりに関して、自分の部屋がない場合はどうすればいいのでしょうか。

原「家族と一緒とか、自分の部屋が持てない人は、部屋の中で“ここは勉強のスペース” “ここに座ったら勉強の気分になる”という場所を作るといいですね。
人間、習慣ってすごく大事なので、そこに来ると勉強モードになるという世界を作るのはすごく大事です。少なくともテレビが見えないようにしたり、手を伸ばしてもパソコンに届かないようにするとか、工夫するといいですね。
自宅に自分の部屋がない人は、外に出かけちゃえばいいと思います。喫茶店もいいですが、一番おススメなのがファミレス。ドリンク飲み放題のところが多いですし、適度に雑音があるし、誘惑するものが何もないので、勉強以外することがありません。ランチ時を避けて行くとか、社会人なら朝起きて、そのままファミレスへ直行がいいと思います」

―社会人生活を送りながら資格試験を目指すとなると、時間の取り方がカギになってくるかと思います。忙しい人が勉強時間を確保するためのコツはありますか?

原「暗記なら隙間時間を使ってできますけど、問題を解いたり、未知の分野の知識を頭に入れるのは隙間時間だけでは無理があります。でも30分あれば、難しい問題を解いたり、かなりのことができます。1日のなかで、その30分をいくつ見つけられるかですね。
時間帯に関していえば、朝は頭がすっきりしていますし、雑用に忙殺されないので計算問題を解いたり、新しい分野の勉強をするのにおすすめです。反対に、寝る前の時間は復習に向いていると思います。その場合は寝る準備をしてからやるといいですね。顔を洗って歯を磨いて、寝巻に着替えてからやれば、限界までやってそのままバタッと寝てしまえますから(笑)」

―本書『7人家族の主婦で1日3時間しか使えなかった私が知識ゼロから難関資格に合格した方法』はどのような人に向けて書かれたのでしょうか。

原「ターゲットにしているのは社会人の方ですね。社会人の方で、忙しくて勉強の時間がとれない方や、一生懸命勉強しているんだけど結果が出ない方、あとは子育て中のママに向けて書きました。
一生懸命やっているのに結果がでない方は、力をいれる場所が違っているのかもしれません。そういう方に読んでほしいと思います」

―本書を通してどのようなことを伝えたいと思っていますか。

原「一番言いたいのは、勉強ができる人と頭のいい人は違うということです。頭のいい悪いは生まれつきの部分もありますが、勉強には点数を取るコツがあります。これは要領のいい勉強法について書いた本です(笑)。
特に重点的に書いたのが勉強のプロセスについてです。勉強にはまずインプットがあって、インプットした情報を自分の中で消化して、アウトプットするという三つの工程があります。このアウトプットを上手にできる人というのが、勉強ができる人、点のとれる人です。アウトプットが上手にできるということは、必要な情報を必要な時に必要なだけ取り出せるということ。そのためには、インプットした情報がパソコンのフォルダのように整理されて頭の中に入っていないといけません。
どんなにがんばっても本番で点のとれない人は、インプットの量だけにこだわっていたり、記憶することは一生懸命やるんだけど、それを整理できていない人が多いです。そういう人たちに、こうすればアウトプット力がつくよ、ということを言いたかったんです」

―資格試験の勉強の際、暗記で挫折してしまう人は多いかと思いますが、暗記のコツがありましたら教えていただければと思います。

原「私も暗記は大嫌いでしたね(笑)だからギリギリまでやりませんでした。税理士試験は9月から専門学校の授業が始まって、翌年8月が本番なんですけど、私は4月まで暗記はほとんど真剣にはやりませんでした。専門学校の授業では、毎回ミニテストがあって、その理論問題を1問は覚えていかないといけないのですが、それすら時々さぼっていました(笑)。だから暗記は最後の4カ月くらいで、一気にやりました。理論問題は自分で覚えやすいように、短く要約して覚えましたね。
専門学校のテキストを、一言一句“てにをは”まで覚えないと不安になる人は多いと思いますし、そういう風に指導している学校もあるんですけど、そこまでする必要はないです。資格試験って、受験生が資格を取った後、その仕事ができる程度に内容がわかっているかどうかを試すものですから。
それに、資格試験は専門学校が予想した問題どおりに出題されることは、絶対にありません。自分が持っている知識を組み合わせて、いかに適切にアウトプットできるかが試されるわけです。本書では、アウトプット力をつけるために、付箋を使ってキーワードごとにタグ付して、関連情報を覚える習慣をつける方法も紹介しています」

(後編につづく)


【関連記事】 元記事はこちら
成長企業経営者の共通点
難関資格に短期間で、確実に受かる3つのコツ
勉強やブログ…3日坊主にならないための原則
生き残るビジネスパーソンに必須の勉強法