20代は人生の“種まきの期間”とよく言われます。だからこそ、どのように働くべきなのか、悩む人も多いのではないでしょうか。
 20代に人生の礎を築き、30代以降に飛躍できるように。20代の努力を30代以降に結実するために。元リクルートで『20代のうちに知っておきたい100の黄金ルール』(PHP研究所/刊)の著者である大塚寿さんは、自身の経験を交えながら20代で知っておきたい、経験しておきたいことを本書を通じて伝授します。
 そんな大塚さんに、本書についてのインタビューを行いました。今回はその後編をお伝えします。

■役に立つものは“営業力”

―20代半ばにしてのMBA取得のために留学するという決断、そしてそのためにリクルートを辞めるという決断は大変なものだったと思いますが、その時の決断の決め手は何だったのですか?

「自由を手に入れるためのマスターピースに思えたんです、MBA留学が。決め手はずばり「自由」を手に入れるためです。仕事も顧客も収入も全部自分で決めたかったんです」

―「働きたくない」と言っている若者についてどのようにお考えですか?

「私だって、大学時代はそう考えていたと思います。働かずに幸せを感じて、豊かに生きて行けるなら私だって働かないかもしれません。そして「強いられた仕事」「つまらない仕事」「役に立たない仕事」だったら今でもやりません。
ですから「働きたくない」と言っている若者の気持ちはわかります。ただ、親は必ず先に死にますし、よほどの資産に恵まれない限りは働かないと人としての生活は成り立ちません。
どうせ働かなくてはいけないのですから、「働きたくない」レベルのところでグルグル考えずに、仕事の面白みや仕事を通じた成長の方をまずは実体験することだと思います」

―20代のときに出会った言葉の中で最も印象に残っているものはなんですか?

「「知らないことは人に訊け」「走りながら考えよ」(ともにリクルートにて)」

―もし、今、20代の自分にかけてあげるとしたらどんな言葉ですか?

「心配するな! 25年後のお前は自己実現を遂げているから!」

―20代に身につけたものの中で、今、一番役に立っているものはなんですか?

「営業力ですね」

―これからを生き抜いていく上で、現代の20代に必要なものはなんだと思いますか?

「実務能力、ガッツ、スキルを金に換える知見。この3つです」

―日本の20代に向けてメッセージをお願いします。

「時代がどうあっても、夢なんてどうせかなうものですから、大きいほうがいいですよ!」

(了)


【関連記事】 元記事はこちら
仕事とは“人生のすべて”―大塚寿さんに若い頃の働き方を聞く(1)
新たな働き方の指針“イズム”とは?
人生の年収は、20代の働き方でほとんど決まる?
“クラウド”時代の働き方とは?