【日本″未解決事件″犯罪ファイル】突如、謎の死を遂げた「現代のマザーテレサ」その背景に、″貧困ビジネス″の暗部が......!?

写真拡大

第20回 大阪西成・女医不審死事件
(2009年11月)

 大阪市西成区萩之茶屋。かつては「釜ヶ崎」の地名で知られ、現在は「あいりん地区」と呼ばれる日雇い労働者の街である。多くの労働者が簡易宿泊所で暮らし、最近では住民の高齢化による孤独死や、生活保護の急増が問題となっている。路上生活者も多く存在し、半径300メートルの狭い地域に3万人もの人々がひしめき合いながら暮らしているという。

 2009年11月16日午前1時20分。西成を流れる木津川の千本松渡船場で、女性の遺体が釣り人によって発見された。女性の名は矢島祥子さん。群馬県で生まれ、群馬大学医学部卒業後に医師となった祥子さんは、2002年頃からあいりん地区でのボランティアに参加し、亡くなる2年前からは西成の診療所に医師として勤務していた。自身の生活を切り詰め、医師としての給料をボランティアに費やしていた祥子さんの献身的な活動は、地元でもよく知られていた。身寄りのない高齢の労働者からも「さっちゃん先生」と慕われていたという。周囲の人たちは、次第に彼女を「現代のマザーテレサ」と呼ぶようになった。

 そんな彼女が、どうして悲劇に巻き込まれなければならなかったのだろうか? 11月14日の早朝、彼女はカルテ整理の仕事で、前日から診療所で残業をしていた。カードキーの記録によると、祥子さんが診療所を退出したのは午前4時15分。そして、そのわずか1分後に診療所の警報システムが作動する。すぐに警備員が駆けつけたものの、不審な痕跡はなく「異常なし」と判断された。そして、祥子さんの足取りはここで途絶えてしまう......。翌朝、彼女が出勤してこないのを心配した診療所スタッフが部屋を訪れると、玄関のドアが施錠されていない状態だったため、慌てて彼女の実家に連絡したという。しかし、やはり消息はつかめなかった。

 祥子さんが消息を絶って2日後、彼女は変わり果てた姿となり、千本松渡船場で発見された。事件発生当初、警察は"自殺"と判断。しかし、診療所を退出した際の警報システムのほか、祥子さんの死には不審な点がいくつも残されていた。彼女の遺体には、首の痣や頭部の瘤が確認されているのである。そもそも人間は、絶命してから身体を打ち付けたとしても、痣や瘤などはできない。生きているときに何者かに殴打され、川に運ばれたと考えるほうが自然である。

 さらに、警察が部屋を調べても、祥子さんの指紋を含め、誰の指紋も出てこなかったのだ。それどころか、埃すら残っていなかったという。これは、何者かが証拠を隠蔽するために指紋や汚れを拭きとったと考えるのが妥当ではないだろうか。そして、祥子さんの足取りが途絶えた14日の早朝は雨が降っていた。いつも自転車で通勤している祥子さんは、診療所から自宅に戻るまで、雨に濡れないようにアーケードの中を通ったはずなのである。しかし、アーケードに設置された複数台の防犯カメラには、祥子さんの姿は映っていなかったのだ。つまり、何者かが祥子さんの勤務する病院に侵入し、車で連れ去って殺害。証拠隠滅のため、もしくは何かを盗み出すために部屋にまで侵入し、痕跡を残さずに立ち去った......という線が見えてくる。こういった推理をもとに、遺族は祥子さんの死を「何者かによる他殺に違いない」と、大阪府警に訴え続けた。すると、当初は自殺と判断した警察も、遺族と生前の彼女を慕っていた知人たちの訴えを受け、捜査を再開。大勢の人の彼女への思いが、警察まで動かしたのである。

 事件後、多くのメディアがこの事件を取り上げたが、その過程でカギを握るかもしれない人物が登場する。「祥子さんの元交際相手」を自称する60代の男性は、テレビ番組の取材に対し、「祥子さんの死は間違いなく自殺」と断言。「これ以上、この事件を調べるのは反対」だと語ったのだ。ちなみに、自殺であるという根拠は、遺体発見翌日に届いた、祥子さんからのハガキだという。そこには「元気で長生きして下さい」と書かれていて、それが自殺をほのめかしているという理由である。この手紙だけで自殺と判断することは荒唐無稽に思える。この男性は、祥子さんのご両親に対しても同様の旨の言葉を伝えた。このことは、愛娘の死の真相を究明すべく、懸命の活動を続けている遺族への、極めて失礼で異常な対応であると言わざるを得ない。そして、自称「元交際相手」がメディアに登場してまで取る不自然な言動は、祥子さんの死の真相について、何かを知っているのでは?......と思わざるを得ないほど異様なものである。

 祥子さんは、このある種特別な地域を覆い隠す"深い闇"に飲み込まれてしまったのではないかとさえ感じてしまう。もしかしたら、ボランティア活動の過程で、覚醒剤密売や臓器売買などといった、貧困ビジネスの暗部をのぞいてしまったのではないか。そして、そのせいで彼女は命を落とす結果になってしまったのではないだろうか。そういった背景から、闇の集団の逆鱗に触れるのを恐れ、周囲の人々は口をつぐみ、彼女の自殺をアピールするのではないだろうか。

 事件の真相を解明し、闇に光を当てることこそが、生前に献身的な活動を続けた彼女へのせめてもの弔いになると信じたい。
(取材・文=神尾啓子)



バックナンバー
【第19回】西新宿・早朝の凶行 芸能界に太いパイプを持つ被害者が襲撃された現場と背景ーー
【第18回】学校からの帰り道、狂気の刃物男とのすれ違いが青年の夢を絶った......
【第17回】10年前、白昼の繁華街で消えた"美人"女子高生 背景に複数の「疑問点」が浮上......!!