ミット打ちのときまで、爪楊枝を咥えていた挑戦者ベンソン・ヘンダーソン

写真拡大

22日(水)、都内・ゴールドジムでは、26日(日)に行われるUFC144「Edgar vs Henderson」のオープンワークアウトが開かれた。メインで王者フランク・エドガーに挑む、ベンソン・ヘンダーソンの海外メディア囲み取材でのコメントは以下の通りだ。

──フランキー・エドガーに勝つには、テイクダウンをして思い切り殴りつけることが必要だと思っている?

「そんな必要はないよ。素晴らしいハートの持ち主で、どれだけ攻めても諦めない。そんなチャンピオンと戦うんだ。25分間、戦い続けられるようにトレーニングを積んできた」

──じゃぁ、狙いはどこになる?

「アゴにパンチをヒットさせることかもしれないし、フランク・エドガーがどんな風に動き、どんなミスをするかで、それは変わってくるよ」

──5Rを戦い切ったとして、ずっとスピードのある展開を続けることができると思うかい?

「僕が考えているのは、勝てるときに勝つこと。1Rで勝つイメージ、2Rで勝つイメージ、3Rで勝つイメージもできているし、5R掛けて勝つイメージだってできている。あとは、オクタゴンに上がるだけさ」

──今回の試合にも、家族は観戦に訪れるのかい?

「もちろん。母親は、僕のほとんどの試合を見に来ているしね。今回もやってくるよ。兄はこられないけどね、日本に来るにはチケットが高すぎる(笑)。従兄弟や叔父もやってくるよ」

──アジアを代表して戦う気持ちは?

「いつだって持っているよ。僕はアジア人、コリアンだからね。この体にコリアンの血が半分流れていることを誇りに思っている。僕は彼らを代表して戦っている」
UFC JAPAN全対戦カードはコチラから