上から目線がナンセンスな理由

写真拡大




今回はイケダハヤトさんのブログ『ikedahayato.blog』からご寄稿いただきました。

■“上から目線”がナンセンスな理由
僕は上から目線の物言いが嫌いです。どんなに偉い人だろうが、上から目線な時点で95%“見限り” *1 ます。

*1 :「今年のキーワードは「見限る」」 2012/01/14 『Chikirinの日記』
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20120114

“上から目線”で人が動くと考えるのはもう時代遅れです。工場制労働の時代は高圧的な態度でも人が動いたかもしれません。

新しいものをつくり出すこと(創造性、クリエイティビティ)が重要になるこれからの時代は、高圧的なマネジメントは機能しないと考えます。

大義を共有し、弱みと強みを見抜き、権限を委譲し、人格を信頼し、遊ぶように働いてもらう
、そういう環境をつくることが、これからのマネジメントだと僕は思います。

“上から目線”で動かせる範囲は、今後小さくなっていくでしょう。いずれ、誰も動かなくなります。創造的な仕事も生まれないでしょう。

優れたリーダーは権限委譲が巧みです。

先日対談したライフネット生命の出口社長は「社員が言うことを聞かないで勝手にいろいろ始める」という印象的な話をしてくださいました。

僕が尊敬するリーダーの一人、NGO/PLAS *2 の代表、門田さんも「私は何もしてないけどメンバーが勝手にやってくれてる」という発言をしていました。

*2:NGO/PLASホームページ
http://www.plas-aids.org/

こういうマネジメント、リーダーシップのあり方が、創造性を発揮させる環境をつくるのだと思います。

世界の変化とともに、望ましいリーダーシップのあり方もまた、急速に変化しています。既にそうかもしれませんが、“上から目線”で人を動かそうとするのは、一層ナンセンスになっていくでしょう。

皆さんは“上から目線”というスタイルについてどう考えますか? これからの“人の動かし方”はどうあるべきだと思いますか? 『Facebook』や『Twitter』でぜひ意見をシェアしてみてください。

執筆: この記事はイケダハヤトさんのブログ『ikedahayato.blog』からご寄稿いただきました。