『テルマエ・ロマエ』が日本一の浴場を目指す”風呂ゲー”としてソーシャルゲームに

写真拡大

フジテレビは、4月28日(土)より公開される映画『テルマエ・ロマエ』の世界をモチーフにしたソーシャルゲーム『テルマエ・ロマエ ネットでガチャガチャ』の提供をスタート。

本日2月23日(木)より「Yahoo! モバゲー」で配信されている。

ゲーム内容は、プレイヤーが”平たい顔族=日本人”となり、自分の浴場(銭湯)を経営しながら、銀貨や聖石で浴場をデコレーションしてレアなお風呂を作り上げ、「日本一の浴場を目指す」というもの。

また、「ガチャ」と呼ばれるバスボールをお風呂に入れてプレイヤー(アバター)を癒やしたり、風呂トモ(お友達)のお風呂に浸かって交流したり、風呂トモと協力してバスボールをたくさん入れて「ルシウス」を召喚させるなど、癒やしの要素がふんだんに盛り込まれ、疲れた現代人におくるソーシャルゲームとなっている。

本作を手がけたのは、これまで「Yahoo! モバゲー」のランキング上位を席巻した『もやしもんガチャガチャ』や『ネットでマングローブ』を手がけてきたフジテレビ内製ゲームチームであり、今後スマートフォン版のリリースも予定されているという。

映画『テルマエ・ロマエ』は、「マンガ大賞2010」「第14回手塚治虫文化賞短編賞」と史上初となるW受賞を成し遂げた、ヤマザキマリのベストセラーマンガ『テルマエ・ロマエ』を原作にした映画で、主人公である”古代ローマ人「ルシウス」”役に阿部寛、ヒロインである″平たい顔族=日本人”役に上戸彩を迎えた、壮大でファンタジックなコメディ大作となっている。

(C)ヤマザキマリ/PUBLISHED BY ENTERBRAIN, INC.(C)2012 「テルマエ・ロマエ」製作委員会