公式動画配信も開設! 「東京ゲームショウ2012」の開催が発表に

写真拡大

2月17日、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA)は、日経BP社との共催で「東京ゲームショウ2012」を2012年9月20日から23日までの4日間、幕張メッセで開催することを発表した。

それに伴い、同日都内で開催と昨年の東京ゲームショウに関する結果を発表する記者会見を行った。

9月20日と21日はビジネス関係者およびプレス関係者のみのビジネスデイ、9月22日と23日が一般公開日となりいずれも午前10時〜午後5時までの開催を予定している。

来場予定者数は19万5千人。

予定出展社数は180社で、入場料は中学生以上の一般が前売りで1000円、当日で1200円、小学生以下は入場無料となっている。

2012年のテーマは「GAMEで笑顔がつながっていく。

」記者会見では、CESAの和田洋一会長(スクウェア・エニックス代表取締役社長)が「ソーシャルゲームというのが1端末だけの特殊な現象であるとか、ゲームの1ジャンルの特殊な現象ではなく、これはすべてのゲームについて、すべてのプラットフォームにおいて適用できる新しいビジネスモデルになってきている。

今年はその大きな分岐点になるゲームショウになると思っています」と語り、同じく共催である日経BPの長田公平社長も「ゲーム業界が大きく変わってきている。

パッケージにした売り切りから、アイテム課金や月額課金などネットワークを活用した新しいビジネスモデルが台頭してきています。

これによってこれまで家庭用ゲーム機が流行していなかった国や地域でも、新たなマーケットが立ち上がるのではないかと思っています」とゲーム業界のビジネスモデルが変化してきていると語った。

アジア圏内でのビジネス拡大、B to Bの強化などが行われる予定となっているが、気になる一般来場者向けとしては、「公式動画配信チャンネル」を開設。

主催者企画、出展ブースのステージプログラムなどをライブ配信する。

このほか、アジアのゲームトッププレイヤーを集めたゲームイベント「アジア e-Sports 選手権(仮称)」、オンラインゲームからブラウザゲームまでPCゲームを紹介する「PCゲームコーナー」、スマートフォンなどモバイル端末向けゲームとソーシャルゲームに注目した「スマートフォンゲームコーナー / ソーシャルゲームコーナー」の新設、毎年混雑していた「コスプレ専用エリア」を拡充し、ゲームファンとコスプレイヤーの双方が、いままで以上に楽しめる環境を整備する予定だという。

このほか、「日本ゲーム大賞2012 発表受賞式」も会場内のイベントステージで開催。

9月20日には経済産業大臣賞、年間作品部門の発表、22日にはアマチュア部門、23日にはフューチャー部門の発表が行われる予定だ。

また、2011年の「東京ゲームショウ」の結果は、22万2,668人と史上最多となる来場者を記録(ビジネスデイ:5万2,673人、一般公開日:16万9,995人)。

2010年に引き続き、2年連続で20万人超の来場者数を達成している。

出展社数は193社と歴代4位、出展タイトル数は736と歴代3位となった。

また、海外出店国は15カ国と毎年増えているという。

なお、アンケートの結果、今後注力したいゲームプラットフォームはスマートフォンが1位、PlayStation(R)Vitaが2位と携帯デバイスへの期待度が高いことがわかる。

2012年の東京ゲームショウはFacebookやTwitterなどSNSでのプロモーションにも力を入れるという。

最新の情報が気になる人はチェックしてみるといいだろう。