シドニーにある、かつて税関だった歴史的建造物が、3Dプロジェクションマッピングによってバーチャルなレース場に変身!  アニメのミニカーたちが、その中で激しいバトルを繰り広げます。


この3Dプロジェクションマッピングという技術、立体的なものに映像を投影させてまったく別の立体的な映像を演出し、まるで建物の中が見えていたり、壁が崩れ落ちたり、金属の足場で覆われていたりするように見えるものなんですね。これから、イベントやディスプレイなどで活躍しそうな面白い技術です。


 




Click here to view the embedded video.


(まめ蔵)


 


 



■関連記事
折り畳みバイク、ホンダ・モトコンポを軽く超える 折り畳んだまま走るバイク!
iPhone上でミニカーを所有する!? アプリ第一弾はザ・ビートル!
東京モーターショーのグランツーリスモブースで3Dプレイ体験してきました。
 EBBROはスーパーGTに往年のC-カー、そしてSAMRAI!「第51回全日本模型ホビーショー」
フツウじゃ巡れないスーパーカーの聖地に入れるイタリア8日間の旅