被災地の学校にギターを 斉藤和義ギターオークション公式サイトオープン

写真拡大

現在、ツアー「KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2011-2012“45 STONES”」で全国を駆け回っているアーティスト斉藤和義さん。東日本大震災で被害を受けた学校へギターを贈るギターオークション「空に星が綺麗」の公式サイトがオープンしました。

斉藤和義さんは昨年発売されたアルバム「45 STONES」が自身初のオリコン2位獲得、ドラマ『家政婦のミタ』の主題歌「やさしくなりたい」が100万ダウンロード突破と今の日本の音楽シーンを代表する存在。

また、東日本大震災の後にはチャリティーライブ「斉藤和義 on USTREAM 『空に星が綺麗』」を5週続けてUSTREAMで放送。日本の政府や原発保有電力会社を批判した、自身の楽曲「ずっと好きだった」の替え歌「ずっとウソだった」がYouTubeにアップされるなど、震災と震災以後の安全についての積極的な取り組みも知られています。

今回、ギターオークションに出品されたギターの数々は、どれも斉藤さんの私物。

「45 STONES」に収録されている楽曲「ギター」の歌詞「淋しい時にはギターを弾こうよ 下手でもいいから 願いをこめて 悔しい涙も 虚しい怒りも 冷たい嘘も 忘れてしまうから」にもある様に、譜面なんて気にせず、幼い頃からギターに慣れ親しんで欲しいという願いから実現した企画です。

このギターオークションで集まったお金で新たなギターを購入。被災地の学校の子供達に贈られます。オークションの開催期間は、2月26日(日)20:00〜3月3日(土)20:00までの第一回と、3月11日(日)20:00〜3月27日(土)20:00の第二回。

どれもギターを愛する斉藤さんがセレクトした貴重な物であり、全て専門家による解説と斉藤さんによるコメント付き。落札者の方には、斉藤さんがギターを持った写真にサインを入れたオリジナル証明書も贈られます。

また、ギター以外にもライブで着用したTシャツや、サイン入り台本などのグッズも出品。ぜひサイトをチェックしてみて。

斉藤和義「空に星が綺麗」ギターオークション〜被災地の学校へギターを〜
http://www.jvcmusic.co.jp/saito/guitar/

第一回目:2月26日(日)20:00〜3月3日(土)20:00
第二回目:3月11日(日)20:00〜3月17日(土)20:00

※画像はギターオークション「空に星が綺麗」の公式サイトより引用。