何気に日本でUFCライト級以下の試合が見られるのは初めて。そのライト級で現在頂点にあるのが、フランク・エドガーだ

写真拡大

26日(日・現地時間)、さいたまスーパーアリーナで開催されるUFC144「Edgar vs Henderson」=UFC JAPAN。11年2カ月振りのUFC日本大会、ズッファ体制になり、初めてオクタゴンが日本で見られる。

米国のPPV中継に合わせ、メインファイトの開始が正午、プレリミ・オープニングマッチは午前9時半スタートという過去に例のない時間帯でのイベントとなるが、早起き必至でどうせなら第一試合からUFCを徹底的に感じたい。

日本人ファイターの名前がずらりと並んだ今大会にあって、メインは本場から直輸入のカード、UFC世界ライト級選手権試合が用意された。ライト級最軽量&最強のチャンピオン=フランク・エドガーと、挑戦者ベンソン・ヘンダーソンの5分5R戦は、現代MMAの最高峰の動きが見られるだろう。

ともにレスリング・ベースで、柔術や打撃戦を標準装備したオールラウンダー。よりアグレッシブに映るのは、挑戦者の方で特にUFCで戦うようになってから、パウンドとエルボーは威力を増し続けている。

打撃でプレッシャーを掛けて、一発もらってもいいようなフックを放ちながら、距離を詰めてドライブ。ケージに押し込んでからテイクダウンをしていくヘンダーソンだが、一方のエドガーはその距離を詰めさせない、間合いのマジシャン的なフットワークを持つ。

相手を中心に、オクタゴンで弧を描いて移動し、スッとオクタゴンに沿った円の動きをしながら、相手の正面に戻る。これを左右に繰り返し、相手の前を八の字のように動き続ける。ステップは小刻みで、いつパンチ、蹴りが来るのか読み辛く、その度にヘンダーソンが反応をしていくなら、気持ちが疲れ、息も上がってしまう。

エドガーは、このリズムに乗って手数を増やし、打撃を効かすか効かさないかは相手の動き次第。タイミングがあって、ダメ―ジを与えるまで無茶な大振りをすることはまずないだろう。基本、オーソドックスのため八の字ステップで左に回る時は、相手の正面に立つため連打を打つことが多く、ヘンダーソンが距離を詰めるなら、右回りのときでなく、左回りをしているときだろう。

もちろん、エドガーもテイクダウンの防御を考えて動くだろうから、逆にテイクダウンをフェイントに使った攻撃など、ヘンダーソンが見せればエドガーのリズムを狂わせることができ、得意の乱打戦に持ち込めるかもしれない。

面白い、面白くない、KOか判定か――という部分でなく、KOや一本勝ちするためのプロセスが幾重にも広がるUFC、そのトップ同士の戦いを堪能してもらいたい。
詳細&全対戦カードはコチラ