120219NEWSbeji01.jpg忙しい毎日、時間をかけずにヘルシーでおいしいものが食べたい! そんな方にぴったりなロハスなファーストフードカフェが、最近では世界のあちこちで誕生しています。今回はベルギー発の地球と人に優しいファーストフードカフェを紹介します。

世界的にも有名な「Le Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)」は、木製インテリアがぬくもりを感じさせるベーカリー&カフェ。店内には素材にこだわったオーガニックパンがずらりと並びます。

120219NEWSbeji03.jpg

小麦の味がしっかり感じられるカンパーニュ系パンを使用した「タルティーヌ」と呼ばれるオープンサンドは、厳選された食材がバランスよくトッピングされ、色鮮やかな見た目も食欲をそそります。スープやサラダの種類も充実し、パンなど食べ切れなかった場合はお持ち帰りができるのがうれしい。もちろん、テイクアウトメニューの種類も豊富ですよ。

120219NEWSbeji05.jpg

ル・パン・コティディアンでは、カフェスペースの真ん中にある大きな共用テーブルが特徴的。となり合った人とも自然とおしゃべりができ、思いがけない出会いのひとときを過ごせることも。

朝食メニュー、オーガニックワインやホームメイドのデザートもあり、いつ訪れても食べたいものが見つけられそう。好きな時にふらっと訪れたい居心地のいいカフェです。

120219NEWSbeji06.jpgヨーロッパを中心に展開している「EXKi」は、カジュアルなセルフサービス式のファーストフードカフェ。

オーガニック野菜を使ったベジタリアンキッシュなどが人気で、ビュッフェに出されるとすぐに人が群がり飛ぶようになくなってしまいます。各商品に素材が明記されているので健康面でも安心な上、セットメニューがまさにファーストフード価格なのも魅力的です。

平日のランチタイムのEXKiでは、オーガニック素材たっぷりのサンドウィッチやサラダを素早く選んでテイクアウトする、サラリーマンやOLの姿が見かけられます。

120219NEWSbeji02.jpg

コージーなインテリアで統一されたイートインコーナでは無料Wifiが使え、雑誌や新聞が置いてあったり、子供が遊べるコーナもあります。子連れの方や女性ひとりでも気軽に利用できるのも人気の理由のひとつですね。

この二つのファーストフードカフェに共通するのは、おしゃれなデザインを重視しながらもリサイクル可能なインテリアや備品にこだわっていること。

健康を考慮したクオリティの高い素材を使って、しかも手軽な値段でおいしいものを提供しているということ。こんなヘルシーでエコでモダンなファーストフードカフェなら毎日でも通いたくなりますよね。

ロハスなファーストフードカフェはさらに世界中に広がり、今後もどんどん進化していきそうですね。あなたの街にはどんなロハスなファーストフードカフェがありますか?

[Le Pain Quotidien, EXKi]

text by びねくにこ
--------------------------------------------------------------------------------
profilebine.jpgフリーの翻訳者・ライターとして活動し、フランスと南アフリカを経て、現在はフランス人の夫と息子(と犬&猫)と共にベルギー在住。仏系メディカルアロマテラピーと英国系ビューティ&サイコアロマテラピーを学び、ライフコーチングディプロマも取得。ホリスティックなアロマライフカウンセラーとしても活動中。心と体にいいと噂されるものは試さずにはいられない質。沖縄県出身。上智大学外国部学部卒。パリ第3大学ヨーロッパ研究学科卒。
Twitter ID: kuubinet
■ あわせて読みたい
2012年のケーキ・トレンドは「グルテンフリー」! セレブも夢中になるその魅力とは?
天然ヨードたっぷりの重要文化遺産で採れる「スロベニアの塩の花」とは?
行列のできる日本食屋さん! パリでも『BENTO』はヘルシーフードの代名詞
アヴェダ創設者が精魂込めるオーガニックコスメ! 日本未入荷「Intelligent Nutrients」とは?