サービス終了後はどうなる!電子書籍は永遠に読めるのか【デジ通】
ソニー・コンピュータエンターテイメントのポータブルゲーム機、PSPで配信されていたコミックコンテンツ配信サービスが2012年中に終了することが発表された。

この終了に伴い、ユーザーはこれ以上のコンテンツ拡充はできなくなるし、PSPが壊れると購入したコミックを読むこともできなくなる。
この問題はどの電子書籍サービスにも共通する問題だ。

■サービスが終われば読めなくなる電子書籍
PSPのコミック配信サービスは、PSP用の専用ソフト「コミックリーダー」などでコミックを購入し、読むことができた。1話100円や紙の本での1巻あたり420円という価格で、安いわけでは無いが、それなりにコンテンツ自体は増えていた。

しかし、サービス自体が終了するので、コンテンツはこれ以上増えることは無くなり、PSPというハードウェアに依存もしているので、PSPが物理的に故障するなど、PSPが使えない状況になれば読むこともできなくなる。

PSPの後継機種PS Vitaや、他のパソコンなどで読めればいいが、そのようなソフトは提供されておらず、購入したコンテンツも将来は読むことが難しくなってしまうだろう。

実はこれ以外にも、シャープが電子手帳のザウルスなどに向けて提供していたSpaceTownブックスも2011年末にサービスが終了するなど、いくつかの電子書籍サービスは将来性だ。

日本で雨後のタケノコのように電子書籍サービスが開始されているが、どれも物理的な端末に依存するなど、今回のPSPのコミック配信サービス終了と同等の問題を抱えている。

紙の書籍なら、物理的に破損したり紛失しないかぎり100年後でも読めるのと比べると、電子書籍は読める期間が非常に短くなる場合がある。

■マルチプラットフォームに対応する電子書籍サービスが必須
Amazon Kindleの場合、物理的なリーダーハードウェアだけでは無く、iPhoneやAndroidのスマートフォンなど、WindowsやMacに向けてリーダーソフトを提供している。専用端末だけでは無く、複数のプラットフォームに対応したサービスなら、将来もある程度安心できる。

このような各種プラットフォームに向けた読書環境を用意している電子書籍サービスは少なく、特に日本で提供されているサービスでは皆無に等しい。

しかし、比較的手厚いサービスのKindleもAmazonがサービスを終了したとして、これらのソフトが動作する端末を持ち続ける限り読むことはできるだろうが、100年後も読めるかと言われると変化の激しい業界だけに誰も保証はできない。

PSP「プレイステーション・ポータブル」向けコミックコンテンツ配信サービス 新規コンテンツの追加更新終了のお知らせ
Amazon.com

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。

ITライフハック
ITライフハックTwitter

デジ通の記事をもっと見る
インテル SSD 520をMacに装着!旧式Macはどれほど高速化するのか (上)
OSが変わっても使い勝手は同じ!ハイブリッドPCの今後は?
Macのファイル操作がもっと便利に!Finderの機能をアプリで強化 - Mac必須アプリ (3)
まるでお祭りの出荷式!レッツノートSX1の出荷が始まる

【キヤノン純正インク】キャノンインクタンク 5色マルチパック BCI-321+320/5MP【キヤノン純正インク】キャノンインクタンク 5色マルチパック BCI-321+320/5MP
キヤノン
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る