『永遠の0』がベストセラーとなり、2009年に発表した『ボックス!』が第30回吉川英治文学新人賞候補、第6回本屋大賞5位になった、作家の百田尚樹氏。最新作『プリズム』も、現在二次投票が行われている本屋大賞にノミネートされています。

 『永遠の0 』では、男の絆・家族の絆を描き、『風の中のマリア』ではススメバチの世界を描く、『聖夜の贈り物』は愛をめぐる珠玉のファンタジー短編集で、『影法師』は時代小説。毎回違う題材を扱うのが百田氏の特徴です。

 人気のTV番組『探偵!ナイトスクープ』の構成を手がけている百田氏。テレビの仕事をしている頃からのモットーがあり、それが"同じことはやらない"だそうです。

 「『永遠の0』を書いた時も「じゃあ次に書く戦争のテーマは?」と訊かれて「えーなんでー? 戦争はもう書いたやーん!」って。1回書くと同じことはもう書きたくないんです。書いていてこのエピソードを膨らませるともう1冊書けるなというのはしょっちゅうあるんです。でもそんなケチくさいことはやめよう、1作のなかに全部入れようやと思ってるんです」(作家の読書道

 そんな百田氏がはじめて、恋愛をテーマにして書き上げたのが、今回の『プリズム』。


 専業主婦・聡子は、小学校4年生になる修一の家庭教師として、東京・世田谷にある古い洋館に住む資産家の家に通うことに。修一とうまく打ち解け、順調に仕事を続けていた聡子でしたが、ある日、屋敷の離れに住んでいるという謎の青年と遭遇。その青年はとても攻撃的で、荒々しい言葉を聡子に浴びせ、唾を吐きかけるといった行動にでました。しかし、数日後に再び遭遇した時には、とても陽気で人当たりが良く、さらには聡子を口説いたりしてからかってみせました。それだけではなく、知的で紳士然とした穏やかな態度をとり会話を楽しませるといった一面も持ち合わせていました。会うたびに態度の違う青年に聡子は困惑するも、次第に惹かれていくのでした。しかし、彼の哀しい秘密を知ることとなった聡子は、結ばれることのない運命に翻弄されるのです。
 
 失恋でも、破局でも、死別でもない永遠の別れ。このラストが書きたいために、百田氏はこの作品に挑んだといいます。『プリズム』は、百田氏による最初で最後の恋愛作品といえるでしょう。



『作家・百田尚樹氏による最初で最後の恋愛作品?  本屋大賞ノミネート作『プリズム』』
 著者:
 出版社:幻冬舎
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『ミスチル歌詞がヒントの塾広告。「稲田塾」キャッチコピー制作の裏側』(2012年2月11日14:00)
『本日よりロードショー公開の『ドラゴン・タトゥーの女』を読む』(2012年2月10日11:00)
『なでしこ川澄選手「闘争心を高めるには生肉を食べる」の真意とは?』(2012年2月9日20:30)


■配信元
WEB本の雑誌