17日、日中国交正常化40周年の親善大使に選ばれた人気アイドルグループAKB48の代表メンバー6人が北京市でファンイベントを開催した。

写真拡大

2012年2月17日、日中国交正常化40周年の親善大使に選ばれた人気アイドルグループAKB48の代表メンバー6人が北京市でファンイベントを開催した。捜狐網が伝えた。

【その他の写真】

17日、梅田彩佳、仁藤萌乃、藤江れいな、森川彩香、名取稚奈、川栄李奈のメンバー6人が北京入りし、東日本大震災の復興アピールキャンペーン「元気な日本」のPR記者会見に登場。抽選で選ばれた地元ファン約500人を前に、ミニライブを開催した。

ライブでは、震災復興応援曲「風は吹いている」などを披露し、握手会も開催。観客を前に秋葉原の魅力を語り、「中国の皆さんも、ぜひアキバに遊びに来てほしい」と熱っぽく語っていた。上海や香港でもファンイベントが行われる。(翻訳・編集/Mathilda)