日本人は“自分ホメ”が足りない?

写真拡大

 普段、あなたは「自分をほめる」ということをしているだろうか。
 “ほめ方の伝道師”としてコーチングの分野で活躍している谷口祥子さんは『自分ホメ 毎日が100%輝く 魔法の言葉』(集英社/刊)の中で「自分ホメ」を提唱しているが、「自分をほめるなんてナルシストじゃない?」「謙虚さがないのでは」なんて思う人もいるはず。しかし、「自分ホメ」はただ単に自分自身をホメるのではなく、もっと奥深いところで自分をコントロールするための方法であるといえる。
 今回は谷口さんにインタビューを行い、「自分ホメ」について詳しく聞いてきた。前後編の前編をお伝えする。

■日本人は「自分ホメ」が足りない

―まず本書を手に取ったとき、1996年のアトランタオリンピック女子マラソンで銅メダルに輝いた有森裕子さんが「初めて自分で自分をほめたい」という言葉が頭に思い浮かびました。その言葉はその年の流行語大賞にも輝きましたが、その言葉が流行するくらい、自分をほめるという文化が日本人の間にないのかなと思ったんですね。谷口さんから見て、現代人の間で「自分ホメ」は足りていると思いますか?

「日本人は全体の調和を重んじるところがありますから、どうしても自分より他人を優先してしまい、自分は疲れ果ててしまうということが多いと思うんですね。自分を犠牲にして家族のため、会社のために無理をしてしまって、自分のことを大切にできていない方が多いように感じます。そういうところから、自分をほめる、つまり『自分ホメ』が足りていないのではないかなと思いますね」

―スポーツ選手のコメントも勝利したのに「自分はまだまだです」といった具合に、非常に謙虚なコメントが多いように思います。そういう部分を見ていると、自分をどのタイミングでほめるべきなのか迷うところがあると感じるんですね。成功したのに「次も頑張ります」と言ってしまったり。そういった「自分ホメ」を行うベストなタイミングはどういったところなのでしょうか。

「『自分ホメ』はいろいろな場面で使うことができますが、効果的なのは朝、出かける前にセルフイメージを高めるようなホメ言葉を自分にふり注ぐことですね。『今日の自分はイケてる』『今日はすごく良い仕事ができる』と自分に言い聞かせると良いと思います。
また、夜寝る前も有効ですね。睡眠前の精神状態は潜在意識に影響を与えますから、その潜在意識にどんなセルフイメージを刷り込むのかによって人生の質は大きく変わってきます。寝る前に上手くいったことや成功体験を思い浮かべることが大事ですね」

―私はもともとネガティブな性格をしているので、あまりイメージの切換えができないんです。一度へこむと夜寝るまでずっと引きずってしまうことが多いんですが、どうすればいいのでしょうか。

「相手の視点に立って自分を考えてみるのもいいですね。例えば遅刻をしてしまい申し訳ないと謝罪しているところを、相手の視点で想像してみる。そうすると、その相手から自分がどう写るのかが分かってくると思いますし、申し訳なさそうに何度も謝っている自分を見ると『この人は誠実だな』と写るかも知れませんよね。そうすると『大切な約束に遅刻するなんて、なんて自分はダメな人間なんだ』と引きずることもなくなるでしょう」

―本書を読ませていただいて非常に印象的だったのが、谷口さんの持っているポジティブさです。読んでいるだけでも元気になれる一冊だと思うのですが、そのポジティブの源泉はどこにあるのですか?

「ちょっと話が長くなってしまいますが、コーチングの技術を身につけたということが一番だと思いますね。
もともと私は新卒で広告制作会社に就職したのですが、そこでは落ちこぼれコピーライターでした。しかもコミュニケーションが苦手で他人に関心を持てない、いわゆる“あまり友達になりたくない”タイプだったんです。で、自分のことばかりアピールするからどんどん人間関係も上手くいかなくなった結果、27歳のときに対人恐怖症になってしまい、人と話すことが怖くて仕方なくなっちゃったんです」

―それは大変でしたね。

「何とか打開しようと思って、神経症の患者さんたちを支援するサークルにコンタクトを取って、そっとドアを叩きました。実はそのとき「この経験は自分の中で封印して墓場まで持っていこう」と思っていたのですが、そこで自分の思考の習慣を客観的に知ることができたり、コミュニケーションの技術を身につけることで人生の質を変えられることに気づきました。そして、メンターやコーチングとの出会い、そのあとに学んだカウンセリングや心理学の手法を通して、自分自身がすごく変化したという経験をしているんですね。
コーチングと出会って何が面白かったかというと、自分の行動次第で人生を切り開いていくことができる、という気づきをもらえたことです。それに自分自身のコミュニケーション能力もすごく上がるんですよ。それまでとは全然違って人に関心を持って話を聞くようになりましたし、良い人間関係を作れるようになりました。よくセミナーでネタにするのですが、コーチングを学んでから半年後に3人の男性に告白されたんです(笑)。すごく人生が変わったと思いましたね。その自分次第で人生を変えられるという経験が、ポジティブの源泉ではないかと思います」

<後編に続く>


【関連記事】 元記事はこちら
毎日をイキイキと過ごすための“自分ホメ”とは?
成功者が必ずやっている「苦手な人」克服法とは?
男性に勘違いされない「ほめ方」とは?
部下の心をつかむ3つの方法