株式会社セガと株式会社インデックスは、インデックスのコンシューマゲームブランド「アトラス」のパッケージソフト流通に関する契約を締結した。これにより、セガは2012年4月より「アトラス」のパッケージソフトの取り扱いを開始することになる。

これまでにセガは、国内外のソフトパブリッシャー約50社のゲームソフトを取り扱ってきており、2012年3月期では約150タイトルの販売を予定。また、アトラスは、『真・女神転生』シリーズ(累計800万本販売)をはじめ『ペルソナ』シリーズ(累計350万本販売)や、『世界樹の迷宮』シリーズ(累計60万本販売)などといったRPGを中心とした様々なタイトルを保有しており、ユーザーより高い評価を受けているパブリッシャーのひとつになる。

今回の取り組みにより、アトラスはセガの国内流通網と営業力を最大限活用し、更なる拡販を目指すことになる。また、セガはアトラスの優良なIPタイトル群により多様化する市場ニーズに応えられる商品ラインナップの充実を図る狙いだ。

【記事:猫またぎ】


▼外部リンク

株式会社セガ 公式サイト
株式会社インデックス


■関連記事
ダイドードリンコ、「復刻堂」シリーズとのコラボ商品「復刻堂 ドラゴンボール」を発売
AKB48の新曲「GIVE ME FIVE!」のビデオクリップが、14作連続1位記録を更新
【Googleトレンド】貨幣詰め合わせセット
ホバーボード誕生は2015年に?米マテル社が新製品
ソニーがコンセントの認証技術発表!他の使い道は?