接合法?組手
 
インテリア関連のお仕事ではインテリアデザイナーや家具デザイナーなど様々な分野があります。これからインテリアを学ぼうと考えている方々に為になるインテリアの知識をご紹介しています。今回は「接合法」についてです。
ここでいう「接合法」とは、家具を制作するうえで使われる角材や板材などをつなぎ合わせ一体化させる技術のことです。 第二回目の今回は「組手」の基本構造を数種類ご紹介します。
 
 
「組手」とは・・・
「組手」とは板と板を直角、またはある角度で接合する方法のひとつで接合の強度が増すほか、板の反りなどの狂いもおさえる事ができます。またそのデザイン性の高さから伝統工芸などで使用され古くから愛されてきた接合法です。
 
 
 
ホゾ組み
 
 
● ホゾ組み
最も一般的に使われている組手、接合する材の一端に作った突起と一方の材に合致る穴をあけて両者を組ませること。
 
 
ダボ組み
 
 
● ダボ組み
機械加工しやすい。釘やネジの代わりに 「ダボ」という丸い棒状木片を 埋め込み木材を接続固定する接合法。ホゾ組み同様、表面がキレイに仕上がることから家具によく用いられます。
 
 
相欠き組み
 
 
● 相欠き組み
互いに抜き取り組み合せる接合法。
 
 
 
アリ組み
 
● 蟻組み
刻接の組手を蟻形にして一方から差し込む接合法。組み合わせる事により反りを止め合い、強度な接着をします。伝統的な技法でデザイン的にも良いことから家具制作でよく使われます。蟻の頭に似ていることからこの名前がつけられました。
 
 
留め組み
 
● 留め組み(留め形隠し三枚接ぎ)
接続や強度が高く家具などよく用いられる。突起部分のほぞを内部でまとめているので外観からほぞが見えない。
 
 
 
フィンガージョイント.
 
● フィンガージョイント
木材の端部を、指と指を組み合わせたようにジグザグに切削加工して、相互にはめ込んで接着する接合方法。短尺材や端材から長尺材を製造できるというメリットがあり、テーブルの甲板、フローリングなどに用いられます。
 
 
 
 
この他にもたくさんの工法がありますが、ここではよく使用される6つの「組手」をご紹介させていただきました。