髪の毛も剃り上げ、顔面を腫らして血を滴らせるディエゴ・サンチェス。TUFシーズン後のイィ男系キャラとは180度印象が変わってしまった

写真拡大

15日(水・現地時間)、ネブラスカ州オマハのオマハ・シビックセンターで行われるUFC on Fuel TV01「Sanchez vs Ellenberger」。メインではウェルター級ディエゴ・サンチェス×ジェイク・エレンバーガーの一戦が組まれている。

TUFシーズン1ミドル級ウィナーから長期間、トップ級の人気を誇り、ライト級時代には世界王座挑戦経験もあるサンチェス。最近は華麗なグラップラーから、下がることを知らず、殴られることを恐れない根性ファイターという風にイメージを変えつつある。

一方のエレンバーガーは、昨年9月にジェイク・シールズを破り、世界挑戦も視野に入ってきたアグレッシブ&エンデュランス・ファイターだ。抜群のスタミナを誇り、15分間動き続けることができる。13日(月・同)にズッファより、両者の試合にかける意気込みが届いたのでお伝えしたい。

■ディエゴ・サンチェス
「ジェイク・エレンバーガーとの試合は、ビッグマッチだ。彼はウェルター級トップの一人だと思う。ジョシュ・コスチェックやジョニー・ヘンドリックスよりも勢いがある。エレンバーガーを破れば、ウェルター級タイトルを狙うために良い位置につけるだろう。

エレンバーガーはUFCで5勝を挙げ、印象的な勝利も残している。皆がタイトル戦線に関して、僕を話題に挙げないけど、別に気にしていない。これまで2度、ファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得しているけど、それよりもタイトル戦を欲しているんだ。

タイトル挑戦を実現させるために、タイトルを狙うと言っているファイターは皆倒す。ジェイク・エレンバーガーには、納得のいく勝ち方をする。そのためにオマハにやってきたんだ。

別にエレンバーガーのホームタウンで戦うことは、プレッシャーにならない。そういうことは、もう既に気持ちのなかで整理をつけている。精神も心理的要素も、全ては頭脳ゲームのうちだよ。若い頃は、そういうことをよく考えていた。試合前に頭のなかで、対戦相手に勝つことも試合の一部だと思っていたんだ。

でも、今はケージに入り、鍵が閉められると、そこからは二人の戦い。それまでのトレーニング、生き方で勝負は決まってくる。全ては気持ち次第さ」

■ジェイク・エレンバーガー
「ジェイク・シールズとの試合で、素晴らしい勝利を手にすることができた。ただし、この試合はこの試合で、前の試合は関係ない。サンチェスは、全く違ったタイプの試合をしてくるだろう。この試合はタイトル挑戦権を手にするのに、非常に大きな意味を持つ。水曜日以降のことは、余り考えていないけど、世界タイトルは僕のゴールだからね。

ニック・ディアズとカーロス・コンディット戦は、ともてエキサイティングだった。僕とカーロスは歴史を作った。彼から勝利を取り返したい。前回の試合では、スプリットで敗れたけど、この2年で僕は少し速くなり、もの凄くスマートになった。苦労してベルトにこぎ着けたカーロスを尊敬している。まるで僕のようだ。だからこそ、心からカーロスとまた戦いたいんだ」
全対戦カードはコチラ