【社会人編】時間をかけずに買ってきて渡す!? 働く女性の義理チョコ事情

写真拡大

社会人女性にとって、バレンタインデーにチョコを誰に贈るかということは毎年の悩みですね。たとえば職場での義理チョコは贈るべきかどうなのかなど、気になることはたくさんあります。というわけで、社会人女性162人にそれぞれの義理チョコ事情を聞いてみました。


Q.バレンタインで義理チョコを贈りますか?

はい......52.5%
いいえ......47.5%

Q.どんな「義理チョコ」を贈りますか?

■手作り派(15.7%)
・「手作りで安く大量生産して会社の人に配る予定。15個くらい作るので、あまり手間がかからなくて見た目が豪勢に見えるものを考えている」
(26歳/秘書・アシスタント職)
・「手作りチョコを作るつもりです」(24歳/事務系専門職)
・「手作りのお菓子」(29歳/事務系専門職)

■買ってくる派(55.7%)
・「会社の同僚に大袋のチョコを買ってみんなに配ります」(29歳/女性/秘書・アシスタント職)
・「一袋100円ぐらいの安いやつ」(24歳/女性/事務系専門職)
・「デパートで有名ブランドチョコを買う」(34歳/秘書・アシスタント職)
・「ネットで買ったチョコと缶ビール」(30歳/専門職)
・「義理と書いてあるチョコを買いました」(24歳/女性/技術職)
・「『モロゾフ』の一番安いの」(23歳/事務系専門職)

■みんなで買う派
・「職場の女性陣全員でお金を出し合って、男性陣に贈ります」(29歳/秘書・アシスタント職)
・「後輩と二人でお金を出し合って、直属の上司には少し高めのチョコを、あと他の人には一個500円のチョコをあげます」(30歳/営業職)
・「会社の同僚とお金を出し合って買います」(29歳/事務系専門職)
・「デパ地下で買い、部署内の女性で割り勘します」(34歳/事務系専門職)

総評
多忙な社会人はやはり「買ってくる」派が大多数。一方「自作」派は15.7%でした。手軽に作れると人気の「無印良品」などで売っている制作キットを利用して......という人も入れての数ですから、自作するのはやはり敷居が高いのでしょう。「買ってくる」派の中には「『モロゾフ』の一番安いの」という意見もありました(笑)。みなさんはどのようなチョコを贈りましたか?

調査時期:2012/02/08
調査対象:マイナビニュース会員
調査数:社会人女性162名
調査方法:インターネットログイン式アンケート