これまでは映画界で働いてきたからね、これは僕にとっても、そう、わんダフルな経験だよ!
 - Jeff Vespa / WireImage / Getty Images

写真拡大

 アカデミー賞最有力の映画『アーティスト』で一躍名をはせた名犬アギーが、北米版ニンテンドー3DSの宣伝キャラクターになることが発表された。アギーゲームソフト「nintendogs + cats」とニンテンドー3DS(パールピンク)の宣伝を担当する。犬が宣伝キャラクターになるのは同社史上初だという。

 米任天堂は2月8日、ジャック・ラッセル・テリアのアギーをスポークスマンならぬスポークスドッグとして起用することを発表。オーナーのオマー・ヴォン・ミュラーと共に犬と人間の交流の素晴らしさをアピールする。

 同社担当者はこれについて「アギーは任天堂のスポークスドッグとして特に何かをする必要があるわけではありません。アギーのような名犬と共に仕事ができるのは、われわれにとっても非常に光栄なことです」とコメントしている。

 『アーティスト』で第64回カンヌ国際映画祭パルムドッグ賞を受賞したアギーは、今年の賞レースの終わりと共に映画業界からの引退することをすでに表明。今後は短編作品やテレビコマーシャルでの活動を予定しているというが、その矢先にビッグチャンスが舞い込んでくるあたり、やはりただ者ではない? 犬として映画界の頂点を極めつつあるアギーの今後に要注目だ。(編集部・福田麗)