今春の期待作!NECアクセステクニカの新WiMAXルーターを魅力を紹介【レビュー】

今春のWiMAXなAtermを観察だ!!

先日発表されたモバイルWiMAXに対応したNECアクセステクニカの「Aterm」シリーズのモバイル無線LANルーター「Aterm WM3600R」と、据え置き無線LANルーター「Aterm WM3450RN」。

それぞれにこれまでのモバイルWiMAX対応無線LANルーターにはない特徴的な機能があります。そこで、これから数回に分けてこれらの製品の魅力を紹介していきたいと思います。

今回はまずはじめに、WM3600RおよびWM3450RNのそれぞれの特徴を簡単に紹介したいと思います。

■WM3600R

Aterm WM3600R(ピンク)

まずは、モバイルWiMAXルーター「WM3600R」。AtermのモバイルWiMAXルーターとしては第3世代の製品となります。先代の「WM3500R」の雰囲気を継承しつつ、よりコンパクトなボディになりました。

また、昨年の法令改正による送信可能出力向上によって、電波の弱いエリアでの安定度を向上する「WiMAXハイパワー」最大10時間稼働可能なバッテリーなどなど、色々とスペックアップを果たしています。

■WM3450RN


Aterm WM3450RN(ホワイト)

もうひとつが、ホームWiMAXルーター「WM3450RN」。据え置きタイプ(=バッテリー駆動非対応)なAtermのホームWiMAXルーターとしては第2世代の製品です。

WM3600R同様、「WiMAXハイパワー」に対応しており、エリアエッジな家での利用がより快適になりました。また、ユーザーの要望に応えて有線LAN(Ethernet)ポートが2つに増えています

子供が利用することに配慮して、ルーター側でコンテンツフィルタリングを行う「ファミリースマイル」機能も搭載するなど、機能的には普通の据え置きAtermと遜色ないものを備えています。


ただいま、この2機種を色々いじっているところです。両機種とも、2つずつレビュー記事を執筆する予定です。「せう×Aterm×WiMAX」にご期待ください!!

記事執筆:せう(井上翔)


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
Aterm Station(NECアクセステクニカ)
UQコミュニケーションズ

■関連記事
画面をパパっと指ではらう!“フリック”操作って何?【スマホ用語を徹底解説】
【モバキャスは新しい放送サービスを切り開けるのか!?NOTTV開局・NTTドコモ新商品発表会を振り返る】
Facebookで友達100人できるかな!スマホで友達を増やす方法【失敗しないSNS入門】
今すぐ使える!東京ディズニーリゾートでの待ち時間をチェックして楽しく遊ぼう。「ディズニー待ち時間」【Androidアプリ】
サンディスク、UHS-I対応Class6のmicroSDXCカード64GBを2月下旬から出荷開始