低リスク中リターン「現実的な起業」とは?

写真拡大

 今はサラリーマンでも、「いつかは独立しよう」と思っている人は多いはず。
 しかし、独立・起業にはそれなりのリスクがあります。これまでの収入を投げ打ってまでやるべきか、という点で悩み、尻込みしてしまったりもします。
 どこかにリスクが少なくて、それなりにお金を稼げて、尚且つ組織にしばられない仕事はないのでしょうか。
 『コンサルタントになっていきなり年収650万円を稼ぐ法』(松尾昭仁/著、集英社/刊)は、それまでの仕事で培った知識を活かして、コンサルタントとして独立するという生き方を提案しています。「コンサルタント」というと「エリート」「頭がいい」といったイメージがあるため、自分にはとても無理だと思われがちですが、やり方次第ではどんな人にでもでき、それなりにお金を稼げるなど、たくさんのメリットがあるようです。
 コンサルタント起業のメリットとは何なのか?松尾さんにお話をうかがいました。

―松尾さんはこれまでにも数多くの著作をお持ちですが、今回の著作『コンサルタントになっていきなり年収650万円を稼ぐ法』で“コンサルタント”というものを取り上げた理由を教えていただけますか。

松尾「僕の周りってコンサルタントだらけなんです。でもMBAを取っていたり、シンクタンクにいた方というのではなく、自営業系のコンサルタントです。
そういう方って、たまたま昔出版社に勤めていたから出版コンサルタントになったとか、メディアにいたからメディアコンサルタントになったなど、前にいた業界の知識を使ってコンサルティングをしている方が多いんですけど、考えてみればそういう方のための本って今までなかったんですよね。
それで調査したら、コンサルタントについての本はあるんですけど、それはコンサルティングファームにいた方で、金額で言ったら何億円の仕事をする方向けの本ばかりでした。
そういうこともあって、今は不景気な時代ですし普通のサラリーマンくらいのお給料を稼ぐ現実的なコンサルタントになるノウハウを知りたい人はいるんじゃないかなと思ったんです」

―本書はどのような人に向けて書かれたのでしょうか。

松尾「まず一つは起業したいけど、どんな仕事で起業すればいいのかわからない人です。
僕はもともと起業のコンサルタントをしていたんですけど、会社を辞めて独立しようという人は、店舗を構えたラーメン屋さんをやるとか、お花屋さんをやるとかいう人が多かったんです。
今までラーメン屋をやったことがない人がいきなり500万円とか1000万円の投資をして、店舗を居抜きで借りたり買ったりするのはすごくリスクが高いですよね。
でも、僕の周りの独立してやっているコンサルタントって、楽しそうに仕事をしながらもそれなりにお金を稼いでるんですよ。それこそ650万円くらいは。そういう生き方もあるんだよというのを伝えたかったんです」

―でも、一般的には起業自体ハードルが高くて、さらにコンサルタントっていうのはなかなか考えつかないですよね。

松尾「この本の最初に書いたのが『コンサルタン=経営コンサルタント』だと思いこんでいる人が多いんじゃないかということです。でも、今は経営コンサルタントの中でも細分化がかなり進んでいます。こうして、経営コンサルタントに限らず物事を細分化していったら、自分が勝てるところを誰しもが持っているんじゃないかと思うんです。
極端な話、パソコンができない人にパソコンを教えるだけで“パソコンコンサルタント”になれるんですよ。これは教える対象の問題で、僕らの年代に教えたら “そのくらい知ってるよ”ということでも、高齢者専門に教えるならばニーズはあるはずです。僕らはどうしても自分のいる世界しか見ないことが多いから、自分の当たり前は他人の当たり前だと思ってしまいがちです。でもそんなことはなくって、自分の知っていることを知らない人に教えることでお金をもらって、『ありがとう』と言われる、それがコンサルタントなのかなと思います」

―本書を見てまず、目を引くのが『コンサルタントになっていきなり年収650万円を稼ぐ法』というタイトルです。この「650万円」の由来は何ですか?

松尾「ネットで読んだか本で読んだか忘れてしまいましたが、アメリカの統計で、日本円にして年収600万円を超えたら年収1000万くらいまでは経済的な優福度は変わらないというのがあるんですよ。「年収いくらから、あなたは経済的に自由になりますか?」という設問があって、だいたい600万円っていうのがあったんです。でも、考えてみたら年収600万円って月収50万円じゃないですか。毎月50万円あったら、派手な生活をしなければ十分ですよね。
コンサルタントの例をあげると、“コンサルタントは年収2000万円”ってみんな勝手に思っていると思うんですよ。でもそれはごく一部のすごい人であって、そういう人でも外資のコンサルティングファームなら突然解雇されるかもしれません。そういうこともあって、自分のノウハウを教えて、月50万円くらい稼げて、人並の生活ができる年収650万っていう数字は今の閉鎖的な世の中には逆に受け入れられるんじゃないかと思ったんです。
これが「2000万」だったら胡散臭いですが、「650万」ならリアリティがあります。
おかげさまでこの本は着実に売れているんですけど、売れたのはこの「650万円」という数字のおかげだと編集者さんといつも話しています」

―会社員の方からしたら今の収入より少し上で、しかも現実味のある数字ですよね。

松尾「しかも“コンサルタント”という憧れの職業ですよね。たぶん、僕らより上の世代は“コンサルタント”っていってもよくわからない、胡散臭いものの象徴という感じなんでしょうけど、30代から下はある意味憧れの職業だと思うんですよ。コンサルティングファームってすごく競争率が高いですし。そこに対して、あなたでもコンサルタントになれて、何千万円は稼げないけども、毎月50万円くらいは稼げる方法があるということにはニーズがあるのかなと思います」
(後編につづく)


【関連記事】 元記事はこちら
誰にでもなれる「コンサルタント起業」のメリット
内定取り消しに遭った女性新入社員の涙の告白
高年収のビジネスパーソンに5つの共通点
「ダメ上司」5つのタイプと対処法