2月4日、台湾大学の体育館を使って開催された同人誌即売会「ファンシーフロンティア(FF)」で、日本人女性コスプレイヤー「うしじまいい肉」が“下半身パンツ一枚”の姿で参加しているところを地元メディアに撮影され、現地で騒動となっている。

うしじまは“下半身パンツ一枚”で参加した翌日は、FFへの参加を拒否されるも、台北警察のパトカーの前でパンツを見せながら撮影を行ったという。10日には、台湾市の政府HPのプレスリリースで、うしじまのパトカーを前にした露出が「警察のイメージを損なう可能性がある」と発表までされており、うしじまの行為が現地警察の怒りを買ったと見られている。

コスプレイヤーの過剰なコスプレ姿がもしメディアの目に触れれば、イベントの存続は危機に陥るが、うしじまはイベントスタッフの警告を無視し“下半身パンツ一枚”のコスプレを強行。そして案の定、現地メディアに下半身パンツ一枚”の姿を撮られてしまった。しかし、うしじまは警告を無視したことは棚に上げ「モザイクデビューじゃん!二度と勝手に撮らないで下さいね〜〜〜日本語解らないかな?」と、逆ギレ。

さらに、「会場で注意されて即着替えたし、正味15分ぐらいで記者に面白ショットとられただけでそんなに悪いと思えない。全然悪いと思ってないっすね〜」「FFの維持のためにしかるべきところにしかるべき手段で謝れとかなら謝ってもいいんですが、コスプレ文化がどうのとかは言われても何もできないっすね」など、この事件に憤った人の感情を逆撫でするような発言をツイッターで行っている。

うしじまはこれまでコミケなど、日本のイベントでもトラブルを起こしているため、日本のネット掲示板やツイッターでは「日本の恥さらし。たちが悪いのは本人はなぜ悪いのかもわかってないこと」「エガちゃんがトルコでやらかしたように国々で基準が違うのだから、配慮が必要」「こういうイベントに場所貸さないってことになったら実際うしじまのせいってことだしな」など、批判が相次いだ。台湾では日台ハーフの芸能人が暴行事件に関わり、対日感情が悪化していたため、ネット掲示板では、今後の日台関係の悪化を懸念する声も多く寄せられている。

うしじまは、11日、「FFの主催の人に謝れって言われたらすぐ謝りますけど他の人に謝れって言われて謝るわけないじゃないですか、普通」「何が悪かったって運が悪かったぐらいじゃないの 私の認識では」とツイートしており、いまだに謝罪する意向を見せていない。

【関連記事】
日本「お、可愛いですね」→台湾「な、なんだあの格好は!」台湾コミケでコスプレしたうしじまさんがモザイクかけられちゃった!?
カリスマコスプレイヤーうしじまいい肉さんのプロフェッショナルな流儀
山本直樹監修の吾妻ひでおベスト集、表紙はうしじまいい肉

【関連情報】
うしじまいい肉(中文:牛島良肉)(Twitter)
学べる?ニュース解説・うしじまいい肉さん台湾エロコス事件(駄チワワ:旅と怪獣舎)
【台湾】パトカーの前でパンツ丸出し撮影した”うしじまいい肉”に台湾警察が激怒しているようです(中国的爆発日記)
【有名コスプレイヤー「うしじまいい肉」、台湾のコミケ『FF』にパンツ姿で参加 → 入場禁止に 現地メディアが問題視(オレ的ゲーム速報@刃)
「五十隻馬」褻瀆警車,警方展開究責行動,捍衛警察形象(台北市政府)
五十隻馬露底褲 警究責(中央社新聞網)
Coser只穿內褲露股溝 網友驚「好讚屁屁」