【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「バルーンファイト」

写真拡大

空を自由に飛びたいな

(画像:YouTubeより)
©任天堂

今から四半世紀以上前の話になりますが、任天堂からファミリーコンピュータ版としてリリースされた「バルーンファイト」というアクションゲームがありました。

このゲームは大きく分けると2つのゲームモードが採用されているという当時としては画期的なシステムでした。

ゲームA・Bは2人同時プレイ可能のアクションゲームでプレイヤー同士が協力しながら敵の風船を全て倒すという内容ですが、むしろプレイヤー同士の妨害プレイの方が面白かったと記憶しています。

さて、もう一つのゲームC「バルーントリップ」ですが、私はゲーム発売当時はあまり注目していなかったゲームモードでした。というのも横スクロール(極めて珍しい右から左へのスクロール画面)で障害物を回避し続けるという集中力重視の耐久レースという感じの作品でした。

しかし、最近になって「バルーントリップ」を遊んでみたのですが、これがまた意外にも面白いのです。
バルーンファイト C


1991年当時のファミコン通信というゲーム雑誌で毛利名人その他の専属ゲーマーが「バルーントリップ」を挑戦していました(ちなみにスーパーファミコン等のゲーム機も流通していた時代でしたので「バルーンファイト」自体が当時でもレトロゲーム扱いでした)。

※飲酒前と飲酒後でゲームの結果に変化があるのか?の実験企画でした。

シビアな集中力と忍耐力を要求される本ゲーム、何十年経過しても決して古びた作品にならないのは、シンプルながらも完成されたシステムが今なお多くのゲームファンを魅了するからなのでしょうか?


【ライター:清水サーシャ】


■関連記事
【googleトレンド】サッカー元日本代表FW「我那覇 和樹」
【Googleトレンド】トマトで痩せる?
カルピス、小型紙容器飲料「『カルピス』&フルーツビタミン」ももを発売
【新刊】「電撃文庫」の超人気ライトノベル『とある魔術の禁書目録』シリーズと、中経出版の「数学I・A」参考書が奇跡のコラボ!!
【ローラ】すっぴん?いいよオッケーフフッ☆