テマヒマ展 〈 東北の食と住 〉
 
21_21 DESIGN SIGHT 企画展 
テマヒマ展 〈 東北の食と住 〉


21_21 DESIGN SIGHT では4月27日より「テマヒマ展 〈 東北の食と住 〉」が開催されます。東日本大震災を受け昨年7月に開催された特別企画「東北の底力、心と光。『衣』、三宅一生。」につづきデザイナー三宅一生氏とともに21_21 DESIGN SIGHTのディレクターを務める、グラフィックデザイナー佐藤卓氏、プロダクトデザイナー深澤直人氏の視点から、東北の「食と住」に焦点を当てるものです。
東北のものづくりには合理性を追求してきた現代社会が忘れがちな「時間」の概念が、今もなお生き続けています。長く厳しい冬を越すなかで、繰り返し根気よく行われる手仕事。暦に寄り添い素材を準備する、自然が息づく謙虚な暮らし。未来を考えるデザインの観点からも注目したい、「手間」のプロセス、「ひま」(時間)というプロセス。テマヒマかけた東北のものづくりが可能としてきた特色や魅力、そして何よりその考え方を、私たちはどのように明日につないでいけるのでょうか。
会場では、佐藤卓氏のグラフィックと深澤直人氏の空間構成により、東北のテマヒマかけた「食と住」にまつわるものづくりを、撮りおろしの映像や写真を交えて紹介。東北の文化や精神を背景に生まれる数々の知恵や工夫から、今後のデザインに活かすべきキーワードをひもときます。
 
 
21_21 DESIGN SIGHT 企画展 テマヒマ展 〈 東北の食と住 〉

2012年4月27日(金) - 8月26日(日)
OPEN:11:00〜20:00
休館日:火曜日(5月1日は開館)
入場料:一般1,000円 大学生800円 中高生500円 小学生以下無料
会場:21_21 DESIGN SIGHT
会場HP: http://www.2121designsight.jp/