「どうして突然カツラを?」帽子を脱いだやくみつるに、独占直撃!

写真拡大

 漫画家、コメンテーターなどの顔をもつ文化人・やくみつるが、昨年から「帽子を脱いだ」と話題になっている。自身の漫画作品では頭髪が薄いことをネタにしていただけに、フサフサ頭で番組に出演する姿に注目が集まることは当然だろう。そしてやくは今年なって、『クイズタイムショック』(テレビ朝日系)で「(髪を)ちょっと盛ってみたんですよ」と語り、「まんがタイムオリジナル」(芳文社)の連載では「編みこみ式増毛を始めた」とキッパリと明かした。本人が自ら吐露しているのだから、話はこれで終わりなのかもしれない。しかし、

「やくさん、どうして突然カツラを?」

 誰もが聞きたくて、でも聞けなかったセリフをサイゾーウーマンが皆さんの心の声を代表して本人にぶつけてきた。

やくみつる氏(以下、やく) 私からすればタブーでもなんでもないです。普通に編み込んでおりますので、色々憶測されている方がいらっしゃればどうぞスッキリとしていただきたい。

――編み込んでみようと思ったきっかけは?

やく 一昨年(2010年)の秋くらいに、さまぁーず主演の『かずら』という映画を見たことです。三村マサカズさんが頭髪を気にする男性役で、思いを寄せる女性に"装着"して愛を伝えるというストーリー。恋人役の芦名星さんの「気にしなくていいのに。被ってても被ってなくてもあなたが好きよ」というセリフで、ためらっている自分がアホらしくなりましてね。

――実際に装着を始めた時期は?

やく 去年の秋ぐらいかな。相撲の断髪式とか、着帽が許されない場所がありますよね。そういったときに悩んだりするような煩私さもなくなりました。

――被る決意をした後はどういった行動を?

やく 『かずら』の協力が「スヴェンソン」というヘアケア商品のメーカーだったんです。イメージキャラクターがサッカー解説者の松木安太郎さんで、番組で共演した際に「私もやってみたい」と相談して。

――編みこみ式とはいわゆるカツラですよね?

やく 基本はそうです。私、15年ほど前は金具でパチンと止める着脱式だったんですが、『かずら』のオープニングが「着脱式のカツラをつけた男性が空港の金属探知機に引っかかる」という衝撃的なものだったので、「着脱式はダメだ」と思い編みこみ式にしました。具体的には側頭部やその周辺などに小さな三つ編みを作り、それを土台にして、既製品の髪の毛を糸で繋いでいくというものです。

――着脱式以外にも、ふりかけ式などさまざまなものがありますが。

やく 実はふりかけもしています。編みこみとの併用は私が独自で編み出した"技"ですよ。

――実際に頭部を見てもまったく分かりません。

やく いや、今日は失敗です。日によって出来不出来があるんです。先日の『ミヤネ屋』(読売テレビ系)出演時の方がうまくいってた。ま、それも楽しんでやっています。やるからには高みを目指したい。ハゲてきたら剃髪するという手もありますが、私は頭の形が悪かった。オデコからハゲてくるのはカッコいいと思いますが、頭頂部からはカッコ悪いですよ。上からきたら、迷うことなくカツラをオススメします!

――「スヴェンソン」からCMオファーがありそうです。

やく 私は松木さんから紹介していただいたわけですから、その座を奪うわけにはいきませんよ。(共演オファーがあれば)万々歳ですが(笑)。とにかく、松木さんにご迷惑がかかるようなことはできません。妻はその配慮も知らず「CMをとれ!」と言ってきますが。実はもうCMの絵コンテも自分の中では完成しています。

――カミングアウトしたことで、周囲の接し方も変わったのでは。伊集院光はラジオ番組で「ツッコんでいいのか?」と悩んでいました。