「第73回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2012」が、2月8日(水)、東京ビッグサイトにて開幕した((株)ビジネスガイド社)。「日本経済V字回復へのシナリオが見える」をテーマに掲げる今回展では、同時開催の「DISNEY EXPO JAPAN 2012」「第11回グルメ&ダイニングショー」などを含め展示規模合計8万6410平米(東京ビッグサイト全館)、出店社数は2512社(うち海外22カ国・232社)で、パーソナルギフトに関わる国内外の小売・卸売業者のべ20万人の来場を見込んでいる(平成23年2月20万2348人)。
展示品のジャンルは、ファンシー、民芸、クラフト、伝統工芸、輸入雑貨、ゴシックロリータ、キッズなど相変わらず多岐にわたり、会期初日の2月8日は、久々に殺気立つほどの賑わいが戻って来たように看てとれた。どのブースでも活発に商談が行われていたようだが、中でもグリーン関係の企業は、一際滞留時間が長かったようだ。

インテリア業界関連では、スミノエが「DISNEY HOME SERIES」の新作「WALT DISNEY 110th ANNIVERSARY」の既製カーテンやラグ、マットなどをアピール。また(株)セブンホーム(東京・八王子)は、住宅エコポイント対象製品でもある強化ガラス三層構造ステンドグラス「ピュアグラス」や、風水でおなじみの「サンキャッチャー」などを出品。カメヤマキャンドルハウス(東京・青山)では、昨夏の節電対策を機に、様々な楽しみ方がますます広まっているキャンドル分野において、グラスに入ったシャンパンのようなジェルタイプや液体タイプなど、多彩なライフスタイル提案型キャンドルブランドの新製品を展開。さらに経営コンサルタントの視点から、キャンドルの成長性などをアピールし、多くの聴衆を集めた。
「第73回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2012」は、2月10日(金)まで。