(社)日本ホビー協会(栗田和雄会長)は、あらゆるジャンルのホビーが一堂に集まった、日本最大級の手づくりホビーフェア「第36回 2012日本ホビーショー」を、4月26日(木)〜28日(土)の3日間、東京ビッグサイト東展示棟1〜3ホールで開催する。
「日本ホビーショー」は多くの企業が参加するトレードショーであると同時に、手づくりによって自分を表現したいと考える消費者が会場で体験・参加し、その反応や声をビジネスに活かすという“B to C to B”型(生産・流通・消費の連携)の2wayマーケティングショーとして各方面から高く支持されている展示会である(同時開催:「Sweets & Deco Creation 2012〜ギャレリア&マルシェ」(SDC実行委員会主催)、「ホビークッキングフェア2012」((社)流通問題研究会主催))。
「ホビーでつながろう」をテーマに開催される今回展では、100を超えるホビー、約350の企業・個人が出展を予定(現在時点で企業170社・個人140名)。期間中12万人の来場を見込んでいる(昨年10万4054人)。
メイン展示「もっとCawaiiもの展」では、「世界につながるCawaiiもの」をテーマに、産学連携プロジェクトで製作されたスマートフォンカバーの展示などの<CawaiiスマホカバーCollection>や、ママとガールの設定でカワイイ作品を展示する<Cawaiiギャラリー>、<Cawaiiワークショップ>の3つで構成。前回新設された4つのEXPOを発展した「ニットWORLD」「ファブリック&ソーイングWORLD」「Décor & ビジューWORLD」「フォト&スクラップ・コラージュWORLD」「DIY・ホームデコWORLD」「CREATE YOUR STYLE ビーズ&デコ・アクセサリーWORLD」という6つのWORLDと連動し、統一性の高い空間として構成していく。
ちなみに、インテリアに関わりが深い「DIY・ホームデコWORLD」では、「DIY・女子」を合い言葉に、「Cawaiiイス50選」、DIY女子部による「Cawaiiおうち」提案展示、日替わりワークショップが予定されている。
このほかに、ステージイベントでは、4月26日にタレントの新田恵利さんによるトークショー「私の手づくりスタイル・・・スクラップブッキング(予定)」が行われる。また「絆=愛を育む=」をテーマに作品募集中の「リリアン編みコンテスト」では、4月28日に、実行委員長のデザイナー・桂由美さん、審査委員長のニットの貴公子・広瀬光治さん、特別審査委員の歌手/タレント・矢口真里さんを迎えて表彰式を開催する。さらに4月28日(土)はKIDS DAYとして、子供たちのためのイベントを集中的に開催、ゆびあみキッズ隊によるステージイベントなどが予定されている。
チャリティ企画「手づくりができること」では、ホビーでつながる東日本大震災被災地支援として、被災地の自立支援を目的に活動する「ふんばろう東日本プロジェクト」「あんでねっと」の協力により、被災地の人々が製作した縫製品、布ぞうり、アクリルたわしなどの販売が行われる。
なお、「第36回 2012日本ホビーショー」では、FacebookやツイッターといったSNSとの連動を強化。会期中、特に撮影禁止とされているもの、ブース以外は原則として撮影自由とし、来場者を通じて現在進行形の情報発信を行っていきたいとしている。