岡本真夜

写真拡大 (全2枚)

 3月7日にリリースされる岡本真夜のニューアルバム「Tomorrow」に収録されるセルフカバー曲「TOMORROW 〜明日の君へ〜」に、福島県飯舘村の被災者約600名のコーラスが収録されることがわかった。

 昨年12月25日、原発事故の影響で避難区域になっている飯舘村の村立幼稚園、小学校の卒園・卒業式が、同県川俣町の公民館で行われた。その会場で岡本は、代表曲「TOMORROW」を含む7曲を歌唱。その際、会場の約600名から「TOMORROW」の大合唱が起こったことを受け、今回のコーラス収録を考案したという。

 岡本は東日本大震災後、被災者たちを勇気づけるため「TOMORROW」のセルフカバーを含むアルバム「Tomorrow」の制作を開始。アルバム制作中に、飯舘村卒園・卒業式ライブの映像を鑑賞した彼女が改めてその合唱シーンに感動し、その音声から村民の合唱部分を抜き出して収録することを考えたという。

 「TOMORROW」は岡本のデビュー曲として1995年にリリースされ、200万枚を超える大ヒットを記録。震災後は「この曲で元気づけられた」という声が多数寄せられていたという。「TOMORROW 〜明日の君へ〜」は、アルバム「Tomorrow」に先駆け15日からレコチョクにて先行配信がスタート。配信の売り上げの一部は復興支援にあてられる。YouTubeのクラウンレコードオフィシャルチャンネルでは、飯舘村卒園・卒業式ライブの様子を公開中だ。



■関連ニュース
井森美幸が23年ぶりに“新曲”リリース!群馬を歌うチャリティーソング
阪神・淡路大震災から17年、Twitterでもユーザーたちが“追悼ツイート”
津波で傷ついた1台のピアノ……嵐・櫻井翔が紅白で奏でる“思い”
GLAY、被災地の小中学校へ楽器のクリスマスプレゼント