女は“美魔女”男は“腹筋ING” 最強の腹筋に選ばれるのは誰だ!

写真拡大

才色兼備の35歳以上の女性を指す“美魔女”という言葉を生み出し、他誌に無い独自の企画に定評がある雑誌『美ST』(『美STORY』より名称変更)。最新号でも、「美容医療はスキンケア!」「すっぽんは“食べる美容液”」など良くも悪くもアクの強い字面が誌面を飾っています。

『美ST』が女性に提案するのが、魔法をかけているかの様に美しい“美魔女”なら、30代男性に提案するのが“腹筋ING”(フッキング)です。

“腹筋ING”とは、ただの筋肉マニアでは無く、ビジネスの最前線でグローバルに活躍しながら、自己鍛錬と自己節制を怠らず、20代の頃の肉体をキープし続けている男性のこと。

そして、光文社オフィシャルサイトでは最強の“腹筋ING”を決める「腹筋ING選手権」が開催中。公募で集まった方の中から、1次選考を通過したファイナリスト11名が決定しており、写真とプロフィールが公開されています。

各ファイナリストにそれぞれ個性があり、「筋肉は裏切らない、一生涯6PACK主義!」や「胃がん、倒産の危機、離婚を乗り越えた27万回の腹筋」など、キャッチフレーズは興味を惹くものばかり。

“腹筋ING”に必要な要素は、「20代の体をキープしつづける努力と節制力」「ビジネスの世界でもグローバルに活躍する知性と行動力」「自己満足に終わらないバランス感覚と人を惹き付ける人間性」

自分の老いや衰えに向き合い、客観的に自分の美を追求していく姿勢こそ、真のオトナの男の姿と言えるかもしれませんね。

この「腹筋ING選手権」は現在ユーザー投票受付中。3月18日(日)まで誰でも投票出来るので、あなたも好きな腹筋を選んでみませんか?

腹筋ING選手権 - 光文社