『魔界戦記ディスガイア3 RETURN』についてゲーマーに聞いてみました

写真拡大

本日は『PlayStation Vita』ソフト、『魔界戦記ディスガイア3 Return』の紹介です! あの『ディスガイア』シリーズの……といきたいところですが、私はあんまりゲームをやらないので知りません。というわけで、ゲーマーの人に話を聞いて参りました。

『魔界戦記ディスガイア』シリーズの舞台は魔界。悪魔が支配し、“悪い”ことをするのが良しとされている世界です。3ではその魔界に存在する『魔立邪悪学園』を中心に物語が展開します。主人公は極悪魔王を倒す正義感溢れる超勇者!

ヒーロー
主人公マオ
ではなく、超勇者に憧れる理事長(魔王)の息子マオ。理由は魔王を倒すのは勇者と相場は決まっているから。学園でも指折りの“優等生”であるマオが父親を倒すべく、勇者を目指すストーリー。

ヒロイン ラズベリル
大人の事情
なんですが、ヒロインのラズベリルが「アンタとは幼なじみの仲で、親が勝手に決めたライバル同士……。このゲームのヒロインさ」と堂々と設定を説明したり、ゲームにありがちなスムーズなストーリー展開をキャラクターがはっきりと「大人の事情」と発言してしまうなど、メタ発言多数、小ネタ満載。ゆるーい学園コメディを彷彿とさせます。

キャラクターも可愛らしいし、ただのゆるかわRPGかな……と思ってしまった私。「“1000万時間遊べる”って書いてありますけど、そんなにステージがあるんですか」と内心「何をそんなにやることがあるのかなぁ」と思いながら聞いていくと、このゲームの“やり込み"要素のハンパなさに驚かされました。その中でも私が興味を引かれたポイントを紹介します。

1.『アイテム界』というストーリーとは外れた部分でやり込める!
アイテム界
『魔界戦記ディスガイア』のアイテムの中に存在する『アイテム界』という世界でバシバシ戦って、レベルを上げることでアイテムを強化します。更に『イノセント』という住人を服従させると、アイテムのステータスを伸ばしてくれたり、まれに出てくる『界賊』という敵キャラ集団を倒すと、レアアイテムを手に入れることができたりと、『アイテム界』でできることは、ただレベルを上げるだけじゃないんです。もちろんアイテムはたくさんありますから、『アイテム界』だけでもずっと遊べちゃいますね! 本編クリアするのを忘れてしまわないか心配になりました。


2.ただ戦うだけじゃない。戦略もりだくさんな『ジオエフェクト』!
ジオエフェクト
戦闘では、単純に戦うこともできますが、まるでパズルのように思考を巡らして戦略を練ることもできます。『ジオエフェクト』といって、戦闘マップ上の色パネル(ジオパネル)や色ブロック(ジオブロック)はその上に立つと様々な効果が発動します。ブロックは破壊したり、持ち上げて投げたりします。それによってパネルの色が変わることがあります。パネルの色が変わると、その上に乗っているキャラが敵味方関係なくダメージを受けます。そう、うまーくブロックを動かすと、敵を一掃することもできるんです。

ジオエフェクト2
ジオブロックの中には『消滅』という効果を持つものもあり、すべての色パネルを消すことができるとボーナスもあります。全部消せたら気分爽快!


3.かわいい&楽しいイラスト演出!
クリア画面
このゲームでは様々な場面にかわいいイラストが散りばめられています。私のお気に入りはクリアすると現れるイラスト。学園生活の一場面を切り取ったようなイラストはかわいいだけじゃなくて楽しくなっちゃいます。クリアごとに違うイラストが現れるそうなので、次はどんな1コマが見られるかも楽しみの一つになりますね。

テラファイア
また『RETURN』から新しく追加された最強魔法『テラ魔法』にも描きおろしイラストが。戦闘シーンに至るまで見ごたえは抜群です。

イラスト以外にも思わずくすっと笑ってしまうおもしろ演出が。一緒に戦う仲間(クラスメイト)をつくるのですが、その名前を決めるときにSELECTボタンを押すと、ランダムに自動で名前がつけられます。今回お話を聞いたゲーマーさんが1時間かけて調べたところ、その名前の種類は60種類以上。出てくる名前はこんな感じ。

つけまつげもげた
名前が「つけまつげもげた」ってなんやねんっ! 他にも女の子の名前なのに「育毛剤」とか、男の子の名前だと「おれの怒りが有頂点」など、「なんだそりゃぁ!」な名前ばっかりです。気に入らなければ何度でも選択しなおせるので、お気に入りの変なお名前を見つけてください。

他にもセーブ画面の画像を自分のお気に入りのキャラクターに変更できたり、治療をいっぱいすることでアイテムがもらえたりと、やり込み要素はてんこもりすぎて説明しきれません。というより、聞いただけの私では、把握しきれない……。

新シナリオの新キャラクタールチル
というわけで最後はまたなんだそりゃぁなポイント。今回の『魔界戦記ディスガイア3 Return』ではPS3版の『魔界戦記ディスガイア3』にはなかった本編シナリオ後の物語がついていて、基本はクリア後に楽しめるのですが……なんと、とあるコマンドを入力するとさっさと新シナリオが楽しめてしまうんです。それはタイトル画面で「はじめから」か「つづきから」にカーソルを合わせて、「△□×△□×○」とボタンを押すこと。なんとこの情報、発売日の前日に発表されています。いくらPS3でもう本編楽しんじゃっている人がいるとはいえ、そんなおおっぴらにしちゃいますか! と思いました。

『魔界戦記ディスガイア3 Return』、普段あまりゲームをしない私ですが、単純にプレイすること自体は難しくないそうですし、すごくやってみたくなりました。あーでもまず『PlayStation Vita』を買わなくては!

●商品概要
タイトル:魔界戦記ディスガイア3 Return
対応機種:PlayStation Vita
ジャンル:1000万時間遊べる 史上最凶のシュミレーションRPG
価格:
通常版   6090円(税込)
DL販売版 5000円(税込)

(C)2008-2011 Nippon Ichi Software, Inc.