テーブルウェア・フェスティバル2012 〜暮らしを彩る器展〜
テーブルウェア・フェスティバル2012 〜暮らしを彩る器展〜

 
テーブルウェア・フェスティバル2012 〜暮らしを彩る器展〜の魅力をご紹介
 
テーブルセッティングによる食空間提案現在、東京ドームで開催中のテーブルウエアの祭典『テーブルウェア・フェスティバル2012 〜暮らしを彩る器展〜』。業界関係者や一般の方まで毎年約30万人もの来場者がおしよせる活気あるイベントです。

例年、人気を集めているのは文化人・芸能人やその道のプロフェッショナルなど各界の著名人が個性的なテーブルセッティングを披露する場「テーブルセッティングによる食空間提案」。20周年となる今年は女優の萬田久子さん木村多江さんらが初参加、華やかで明るいセッティングが得意の黒柳徹子さんなど10人のコーディネートを楽しむことができます。魅力あふれるテーブルセッティングをいくつか簡単にご紹介します。
 
 
まずは女優であり、ユニセフ親善大使など幅広い分野で活躍する黒柳徹子さんの作品。テーマは『ガラスの不思議』
現地で感動したというベネチアングラスを使用してのコーディネートです。本人が少しずつ集めたという鮮やかなおもし(文鎮)グラスペーパーウェイトも一緒に飾られています。天井に吊るされた色鮮やかなシャンデリアや黒柳さん風にアレンジされたカルテルのチェアなどピンクを基調とした華やかな空間が広がっていました。


ガラスの不思議
黒柳徹子さんの作品、カルテルのチェア「ルイ・ゴースト」の背の部分にリボンを足している 
ガラスの不思議
 
次にご紹介するのは料理研究家の江上栄子さんテーブルセッティング。料理研究家らしくキッチンの空間に得意の料理を並べています。紹介パネルには献立も展示。最新式のキッチンテーブルや調理器具とピザ窯も配置しています。
赤を基調としたシンプルでスタイリッシュなコーディネートです。
 
江上栄子さんテーブルセッティング
江上栄子さんのテーブルセッティング 
 
江上さんの向かいに展示されているのがビーズ刺繍デザイナーの田川啓二さんの作品。
南国のハワイをイメージした空間でテーマはHeavenly Beach』
ハワイの固有絶滅危惧植物を守り増やすハワイ大学の研究所チームを呼んでのディスカッションパーティを想定した空間です。サンゴや貝を使ったシャンデリアや植物をイメージするような食器、全体的にグリーンを基調にコーディネートはハワイの自然を表現しました。ビーズ刺繍デザイナーらしくテーブルクロスには見事な刺繍が施されています。


 
Heavenly Beach
ビーズ刺繍デザイナーの田川啓二さんの作品
 
次にご紹介するのはトータルライフコーディネーターの落合なお子さんの作品。日本の洋食器を使用した優雅なコーディネートです。使用されている食器はノリタケやカガミクリスタルなど紅いガラスのワイングラスが良いアクセントとなっています。 ご本人が衝撃的と称する日本の美がデザインされた美しいプレートにも注目です。
 

トータルライフコーディネーターの落合なお子さんの作品。 
 
空間デザイナー田實 碧さんが出がけた空間はイタリアをテーマにしたもの。
個性的なシャンデリアはイタリアのDE MAJO社のS4
ヴェネチア・ムラノ島で伝統的な製法を継承する職人の手によってつくられたガラスのシャンデリアです。
レノイーの白の器をメインにナポリ、カプリ名物の貝やサンゴのでコールをアクセントにセッティングされた南イタリアの風を感じることのできるコーディネート。ご本人も大好きだというデザートをそえて。 
 
田實 碧
空間デザイナー田實 碧さんが出がけた空間 
 
上記でご紹介したテーブルセッティングの他にも俳優の石坂浩二さん、コーディネーターの加藤タキさん、空間プロデューサー竹中麗湖さんなどが手掛けた空間も展示されています。
 

左上から時計まわり)女優の萬田久子さんの作品、女優の木村多江さんの作品、俳優の石坂浩二さんの作品、コーディネーターの加藤タキさんの作品
 
 
 
テーブルウェア・フェスティバル2012 〜暮らしを彩る器展〜

2012年2月4日(金) - 12日(日)
OPEN:10:00〜19:00
入場料:前売券 1,700 円/当日券 2,000 円(全て税込。小学生以下は無料。但し大人要付添)
会場:東京ドーム
http://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/index.html