宝くじを買う際、“よく当たる売り場”や“くじ運がアップする神社”などをチェックする人は多いだろう。ところがいま、思わぬところで高額当せん者が続出し、話題になっている。

 高額当せん者を出しているのは宝くじ付き定期預金。スルガ銀行(本店・静岡県沼津市)はインターネット支店であるドリームダイレクト支店で『ジャンボ宝くじ付き定期預金』を発売しており、これまでに9人もの億万長者を誕生させている。

 1口100万円、300万円、600万円、900万円の4種類から選べる3年定期。100万円の場合、ドリームジャンボと年末ジャンボが各5枚ずつ、3年間で計30枚送付される。300万円以上の場合であればサマージャンボも加わり、それぞれ10枚ずつ、3年間で計90枚が受け取れる。

「最低でも100万円から」というのはたしかに高い。が、その当せん実績はというと、

2002 年:ドリームジャンボ1等2億円+前後賞各5000万円、年末ジャンボ2等1億円。

2003 年:ドリームジャンボ2等1億円。

2004 年:ドリームジャンボ2等1億円、サマージャンボ2等1億円。

2006 年:ドリームジャンボ2等1億円、年末ジャンボ1等1億円。

2009 年:年末ジャンボ2等1億円。

2010 年:サマージャンボ2等1億円…と、次々に億万長者を誕生させているのだ。これなら、預けてみたくなるのでは?

「お送りする宝くじは高額当せん者続出で有名な東京の西銀座チャンスセンターで購入しています。また、各ジャンボの発売初日には、福徳の神が祀られている静岡県三島市の三嶋大社に当せん祈願に参り、『お客様の宝くじが当たりますように』とお祈りしています」

 と、スルガ銀行営業企画の家城明子さん。購入したくじの番号を控えているだけなので、誰が当せん者かはわからないというが、

「当せんされたかたの中には “ありがとう、家族で食事に行きました”などと報告してくださるかたもいらっしゃいます」(家城さん)

 スルガ銀行の『ジャンボ宝くじ付き定期預金』はインターネット支店の商品で、申し込みは全国からできるそう。ほかにも“ジャンボ付き定期”を取り扱う金融機関はいくつもある。堅実と一攫千金の夢、“真逆”のいいとこどりができるのが最大の魅力かもしれない。

※女性セブン2012年2月16日号