東京から近いドイツ『東京ドイツ村』の楽しみ方

写真拡大

『東京ドイツ村』をご存じでしょうか。千葉県袖ヶ浦の田園風景の中、急遽出現する広大なエリアをフル活用した、“ドイツ風”テーマパーク、それが『東京ドイツ村』です。
新宿から車で約1時間半程度。入園した最初の感想は「とにかく、広い」ということ。敷地面積は27万坪で、東京ドーム約27倍の面積なんだとか。
その広大な自然の中に、とにかく様々な要素が詰まった『東京ドイツ村』を120%楽しむポイントを紹介します。

●楽しみ方その1:細部に渡る“ドイツっぽさ”演出に注目すべし!

まず注目して頂きたいのは、細部に渡る“ドイツっぽさ”演出。入り口付近にあるカラーコーンは、ドイツの国旗カラーである黒、赤、黄色に塗り分けられているなど、細かい演出にニヤリ。
園内の建物も、実に“ドイツっぽい”。レンガや展示されているフォルクスワーゲンなど、期待を裏切りません。
そのなかでも注目なのが、お土産屋さん。その名も『ザ・マーケット』。この飾り気のないネーミングの武骨さが、ドイツ風ということでしょうか。

●楽しみ方その2:片っ端からつっこむべし!

東京ドーム27個分の広大な敷地を有する『ドイツ村』には、とにかく見所がたくさん。なかには、誰もが「ドイツまったく関係ないやん!」と思わずつっこみたくポイントも。

そんな数あるつっこみポイントの中でも注目なのが、“しいたけ狩り”体験スポット。頭の中で必死にドイツとしいたけの関係を考えるも、まったく思い当たらずもやもや。
そんなもやもやも、体験スポット内に入って“しいたけ茶”を頂いてすっきり解消されます。「ドイツ無関係やんけ!」と。
その他、“天使とブタのハーフ”『ホーリー』をはじめとした、謎のマスコットキャラクター像が多数園内に展示されているので、ひとつひとつつっこみながら、園内を楽しみましょう。

●楽しみ方その3:童心にかえり、はしゃぐべし!

『ドイツ村』には、自然、動物、観覧車やジェットコースターなどのアトラクションなど、子どもが大好きな要素ももりだくさん。
広大な自然の中でスポーツをしたり、動物にえさをあげてみたり、ジェットコースターを楽しんでみたり、とにかく様々な楽しみ方ができます。
確認したところ、ほとんどのアトラクションは、子ども向けに設計されているものの、大人でも利用できるとのことですので、童心にかえりはしゃぎましょう。子ども向けとあなどるなかれ、レトロなつくりながら、なかなかスリルもあり、楽しめます。

なかでも注目なのが、“アヒルの集団お散歩”。園内の名物であり、お散歩前には、園内アナウンスで事前案内があるほどです。
アヒルの散歩……とばかにしてはいけません。案内役の方の指示通りに、大変統率のとれた動きをするアヒルたちの優雅なお散歩は、誰もが感動するであろう完成度です。

このように、いろんな角度から楽しめる『東京ドイツ村』。あなたなりの楽しみ方で、『ドイツ村』での一日をエンジョイしてみてくださいね!

※この記事はガジェ通ウェブライターの「yasu524」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
PR会社で勤務中(3年目)。有名企業からベンチャー企業まで、様々な業界の裏側をひっそりと。また、プライベートでは、2足・3足の複業スタイルの生活を成立させるべく、映画プロデューサー業、ライター稼業、ウェブビジネス、などなど、思いつくままに執筆していきます。ゆるい記事・かたい記事・突撃系までなんでもござれ。取材のご依頼は、ab-fly524@hotmail.co.jpまで!