プロをフルボッコにしてドヤ顔できるゲームの選び方

写真拡大

インターネットでオンライン対戦ゲームに興じていると、時として「うはwww俺様、最強www」の錯覚に陥る時がある。相手のランクが高ければ高いほど脳汁の分泌量も多くなる。もし仮に、相手がその道の「プロ」ともなればその高揚感は想像を絶するものになるだろう。

今回は、「ゲームの世界でくらい神になりたいよ」というゲーマー諸君に向けて、文字通り「プロ顔負け」の強者っぷりを発揮するためのゲームの選び方をご紹介する。

●サッカー

手の使用を禁じられた球技・サッカーに対して、「コントローラを手で操作する」サッカーゲームは我々ゲーマー有利と考えられる。しかし一方で、サッカーゲームというジャンルがあまりにもメジャー過ぎる存在であるため、ウイニングイレブン(KONAMI)やFIFA(EA)好きを公称するプロサッカー選手も多いと聞く。これは、家の中で警備員を務める我々にとって無視できない情報だ。確実にプロを負かしたいのであれば、サッカーゲームを選択するのは賢明な判断とは言えないであろう。

●野球

サッカー界に比べると、プロ野球選手が野球ゲーム好きを公言している話はあまり耳にしない。これはもらったか?と思い、念のため裏をとるべく調べてみると意外や意外、レッドソックスの松坂や西武の涌井、ジャイアンツの坂本など、名だたる選手がパワフルプロ野球(KONAMI)ファンであることが判った。

参考:パワプロ好きな野球選手たちのパワプロに関するエピソード(Yahoo!知恵袋)
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n8946


「日ハム戦の後はすすきの直行……」、そんな一昔前の先入観は捨ててゲームに備えるべきであろう。

●ゴルフ

ゴルフゲームは、ショットの(ボタンを押す)タイミングが命。実際のゴルフテクニックとはなんら関係のないフィールドでの勝負となるためプロ相手の勝算は高いと考えていたが、どうやらそうでもなさそうだ。その不安要素が、エポック社が発売する「エキサイトゴルフ」の存在である。

日本プロゴルフ界の顔・石川遼をもってして「12歳の頃、(前作を)毎日のようにプレイしていました」と紹介コメントを寄せるこのゲーム。プロゴルフ界にもゲームが浸透している確かな証拠と言える。

石川遼推するゲームが存在する以上、ゴルフでの勝負は避けた方が無難であろう。専用クラブがどうみても「靴べら」にしか見えなくても、だ。

●相撲

実は今回もっともお薦めしたいのが、この「相撲」である。100キロ超の力士を相手にゲーム画面で上手投げを決めた時の達成感は相当のものだろう。しかも相撲ゲームは現在、Wii の「つっぱり大相撲 Wii(テクモ)」しか発売されていない。遊戯者人口が少ないことは我々ゲーマーにとって大きなアドバンテージとなる。ちょっとやり込むだけで、体重60キロに満たない虚弱体質な自分ですら横綱クラスに成り上がることができるからだ。

もうこれは、ファミコン時代からかたくなに「つっぱり大相撲」シリーズを発売し続けてきたテクモの情熱というか頑固さに感謝するしかない。

●将棋

2012年1月に、日本将棋連盟の会長を務める米長邦雄がコンピュータ将棋ソフトに負けるという棋界を揺るがす一大事件が起きたが、それはそれ、これはこれ。そもそも将棋ゲーム自体がテーブルゲームであり、プロ棋士に勝てる可能性は限りなくゼロに近い。

もしも本気で「いや、俺はプロ棋士に勝てる!勝ってみせる!」と自信をお持ちのゲーマーがいたならば、今すぐ自宅警備の職を捨てて将棋会館の門をくぐるべきであろう。

●麻雀

ギャンブル要素の高い麻雀。ツキの流れから一時の優位は得られたとしても、勝ち続けるとなれば困難を極めるだろう。しかし、「ツモ」という不確定要素の高い動作を伴うこのゲームは、間違い無く「勝てる」可能性の高いジャンルに位置づけられる。ちなみに調べてみると、既にプロ雀士との対戦が叶ったゲーム内イベントが過去に実施されているようだ。その中でも特に我々を勇気づけてくれたイベントをご紹介しよう。

日本麻雀機構 〜プロ雀士狩り〜

「狩られる」前提のプロが存在する麻雀競技界、こいつは勝機アリとみてよいだろう。

●パチンコ・パチスロ

不確定要素の高さという点では、麻雀のさらに上をいくのが「パチンコ・パチスロ」だ。この競技、上に挙げた対戦ゲームとは決定的に異なるのが「直接の対戦相手が人ではない」という点。基本的には目の前のパチンコ・パチスロ台を使った出玉の勝負となる。敵との心理的駆け引きが生じないため、対人恐怖症のゲーマーでも安心して勝負に挑むことができるであろう。

手っ取り早くドヤ顔を楽しみたいゲーマー諸君は、現在777TOWN.netで開催中のバトルイベントに参加してみることをお薦めする。次回開催は2月5日(日)20時から。ニコニコ生放送でも実況予定とのことだ。

777TOWN.net ライターバトル特設ページ

http://www.777town.net/writerbattle/rendou.jsp

コンビニでもよく見かける二大攻略誌(パチンコ必勝ガイド・マガジン)の看板ライターを、その名の通り「看破」できるまたとないチャンス。是非とも、「うはwww俺様、最強www」を満喫してほしい。

筆者としては、「相撲」に次ぐお薦めジャンルだ。

コーマントニオ・バンデラス