頭の中が整理されている人とそうでない人の違いとは?

写真拡大

 頭の中がスッキリと整理できている人はどんな人なのだろう、と思ったことはないだろうか。
 『1分で頭の中を片づける技術』(あさ出版/刊)を執筆した経営コンサルタントの鈴木進介さんは、現在では「頭の整理屋さん」と呼ばれるようになったが、コンサルタントをはじめた頃は整理できずに苦闘していたそうだ。
 そんな鈴木さんはどのようにして頭の整理術を身につけてきたのだろうか? コンサルタントの頭の整理術を教えてもらった。前後編2回にわたってこのインタビューをお送りする。

■頭の中が整理されている人とそうでない人の違いとは?

―本書を拝読しまして、個人的に言葉に詰まってしまうことが多いので大変参考になりました。自分の頭の中で出てきた点を線で結ぶというのがとても難しいと感じていたので。

「そうですよね。難しいと思います」

―ビジネスマンはプレゼンや朝礼なども含めて人前で話す機会は多いですが、そういったときに頭の中が整理できなくなってしまう最大の要因はどういうところにあると思いますか?

「例えばプレゼンなどの場合は、話の中心軸を決めていないとそうなることが多いですね。何が言いたいのかという結論を定めてから話したり表現することがプレゼンの鉄則だと思います。まずは大きな幹の部分を作ってから枝葉をつけていくという考え方ですね」

―枝葉、つまり点をもとに幹を作ろうとしてしまうことが多いんですよね。

「そうですね。あとはたくさん情報や選択肢を入れておかないといけないと考えてしまうこともあると思います。情報を持っているということで安心できますから。でも、実際は中心軸さえ最初に決めておけばそれに付随するものはそんなに必要ないように思いますし、情報と選択肢を持ちすぎてもいけないというのが私の考えですね」

―「持ちすぎている」という考えは実感しにくいでしょうしね。

「もちろん、ブレインストーミングなどでアイデアをたくさん出そうという会議では有効かも知れませんが、それでもただアイデアを出すにしてもある程度のテーマは必要ですし、なんでもかんでも出せばいいというものではないですよね。中心軸や枠組み、テーマや目的を明確をしてから出していくべきですね」

―頭の中がすっきり整理されている人とそうでない人の一番の違いはどこにあるのでしょうか。

「それは言葉にすると難しいのですが、本質を抑えているかどうか、そこかなと思いますね。さきほど言った中心軸につながるのですが、何が一番大切なのかということ分からないと整理はできないと思います。
これは私の経験に基づいていまして、経営コンサルタントという職業は経営のアドバイスをするのが大きな仕事ですが、経営者は実は新しい販売チャネルをどうやって開拓すればいいのかそれだけを聞きたいのに、私は一般論を語っているに過ぎなくて、その問題の本質にアプローチできていなかったことがありました。たくさん情報を仕入れても、本質の部分をおさえていなければ、クライアントが余計混乱してしまいますよね。だから、頭の中がすっきりしている人とそうでない人の違いは、相手が何を求めているか、自分が何をしようとしているのか、その本質を確認もせずにとりあえず話を進めていってしまうところに問題があるかなと思いますね」

―そういったところから、現在は「頭の整理屋さん」と言われるまでになった鈴木さんですが、何か特別な鍛え方をしているのでしょうか。

「私は経営コンサルタント業を特殊な仕事だと思っていまして、非常に難しい横文字をたくさん使うんです。それを分かりやすい言葉に置き換えながら説明をしなければいけないので、現場でどう使えるのかを考えながら言葉を解釈していくのですが、それを繰り返していくうちにだんだんと頭の中が整理できるようになりました。難しい言葉を分かりやすく翻訳していくということです。
また、調査もたくさんしますから、情報もたくさん仕入れます。ただ、それを整理してシンプルにしないとアウトプットもできないので、そういったところから頭の中の整理術が自然と磨かれていきました」

―今の傾向としては、例えば解説書なんかが売れたりしますよね。ドラッカーの理論を分かりやすく述べている『もしドラ』は大ベストセラーになりました。そういった点から見ると、分かりやすいところから入ってしまってあまり考えなくても理解できた気になってしまうという部分があるように思います。でも、おそらくそうしていても考える力、自分なりに噛み砕く力は身に付かないですよね。

「そうですよね。難しいものや複雑なこと、たくさんの情報の中から何が一番大事かを見つけようとするなかから、シンプルな結論が出てくると思います。その悪戦苦闘の結果がこの本だと思います(笑)」

(後編に続く)


【関連記事】 元記事はこちら
ゴチャゴチャした頭を切り替える“心の整理術”
人から認められる話し方とは?
好きな異性を落とすための話し方
男性に勘違いされない「ほめ方」とは?