セレブやモデルを積極的に起用し、話題を集めている『LOVE』誌。最新号の"After Taste"特集では、歴代のスーパーモデルが次々と登場している。

まずはケイト・モスとララ・ストーン。2人はこの中で、花で作られた"猫耳"をつけ、カラフルなスタイルを披露している。

お次はスーパーモデルの代表格、リンダ・エヴァンジェリスタ。ネオンピンク/赤の球体に顔の部分を囲まれた状態で、こちらも豊かな色づかいが特徴だ。

<Huffington Post>いわく、1965年4月号の『Harper's Bazaar』誌の表紙を思い起こさせるようなデザインだそうだが、いかがだろうか? こちらは同誌や『VOGUE』誌などで活躍した有名写真家、リチャード・アヴェドン(2004年没)によるもので、『Harper's Bazaar』誌でも最も印象に残る表紙写真の1つに数えられているそう。こうしてみると、ケイト&ララの花の猫耳は「フラワーチルドレン(60年代から70年代にかけて起きたベトナム戦争に反対し、平和を訴えていた若者たち)」を表していて、全体的に60年代をテーマにしていると考えられるかも