cm_20111129_MYLOHAS.jpg一途に夢を追う男性って、やっぱり魅力的です。でも、夢破れてちょっとやさぐれているダメ男も、ちょっと魅力的だったりも。

しかもそれがヒュー・ジャックマンみたいな美丈夫だったら、「私が支えてあげなくちゃ」などと、だめんずフラグ立ちまくりな選択をしてしまっても無理はありません。

映画『リアル・スティール』は、そんな思わず支えてあげたくなるようなダメ男の再起と、その11歳の息子の親子愛の物語です。

2020年、生身の人間ではなくロボット同士がボクシングをするようになった世界。
落ちぶれた元ボクサーのチャーリーはロボット・ボクシングの賭け試合などで生計を立てていました。
ある日、かつての恋人が生んだ息子・マックスがチャーリーのもとにやって来ます。
そして、ATOMという旧型ロボットをゴミ捨て場で見つけたマックスは、ATOMをチューンナップしてボクシングの試合に出場することを決意するのですが…。

cm_MYLOHAS_20111129_02.jpg

ロボット・ボクシングというと、ちょっと女性にはとっつきにくい題材かもしれませんが、この作品には様々なエンターテインメント要素がつまっています。

特に、MYLOHAS読者の方に観ていただきたいのは、エヴァンジェリン・リリー演じる、チャーリーの幼なじみ・ベイリー。チャーリーの絶頂期の姿から、どん底の姿までを知り尽くしている彼女は、常に彼を陰から支えています。

見守るべき時は見守り、支えるべき時は支え、叱咤すべき時は叱咤する…。
我が子・マックスとの関係に悩むダメ男・チャーリーを支え、マックスにも姉のように接するベイリーの姿は、まさに女性の鑑といった感じ。ベイリーの行動には、ダメ男をうまく操縦し、イイ男に変身させるヒントが隠れているような気がします。

cm_MYLOHAS_20111129_03.jpg

それ以外にも、チャーリーとマックスの親子愛、ATOMとマックスの間に芽生えるほのかな友情など、見どころがいっぱいのこの作品。男性、女性それぞれのツボをつく要素が準備されているので、デートなどで観に行くのもよいかもしれません。

リアル・スティール
公開:2011年12月9日
劇場:全国にて
監督:ショーン・レヴィ
出演:ヒュー・ジャックマン/エヴァンジェリン・リリー/ダコタ・ゴヨ/アンソニー・マッキー/ケヴィン・デュランド/カール・ユーン/ジェームズ・レブホーン/リマ・ファキ

(C)DreamWorks II Distribution Co. LLC All Rights reserved.

text by 松村 知恵美
--------------------------------------------------------------------------------
matumura_p.jpg2001年より映画情報サイトの編集者に。2004年より編集チーフとなるも、映画の仕事にも関わらず、多忙のため映画を観に行けない環境に見切りをつけ、現在はライター、WEBディレクターとしても活動中。映画ライターと名乗りつつも、エンターテインメント全般、iPad、iPhoneなど様々な分野にもつい手を出してしまう雑食派。映画・エンターテインメント全般おまかせください!ブログ>>

■ あわせて読みたい
【本日公開】これぞロハスライフ!  原田知世&大泉洋が手作りパンで迎える 映画『しあわせのパン』
【本日オープン】あのメニューが食べられる!? 東京・丸の内に「タニタ食堂」オープン!
2011年12月31日までにあなたがやるべきことを教えてくれる映画『ニューイヤーズ・イブ』
パークハイアット東京で開催! 2日間限定のオーガニッククリスマスマーケットに出かけよう
日本伝統のエコイベントに出かけよう! 冬の風物詩、無形民俗文化財「世田谷ボロ市」
お気に入りのエコプロダクツを見つけよう! 日本最大級のエコイベントが開催
占星術で2012年を読み解く! 鏡リュウジさんクリスマストークショー開催
フレッシュな有機野菜と田舎暮らしに触れる! 平日は都会で週末は田舎「洗足カフェ」