111204NEWSjins01.jpgみなさんは、「メガネ」愛用者ですか?

最近では、視力の補助だけでなく、ファッションアイテムや、紫外線から瞳を守るため、PC作業の疲労を和らげるためなど、メガネの用途はさまざま。低価格で品揃え豊富なメガネショップが増えていることもあり、いくつもメガネを使い分けている人もいるなか、度数が合わなくなったり、壊れたりしたメガネの処分に困っている人も増えているはず。

「燃えないゴミ」に出すのも気が引けるし、何となく引き出しの奥で眠らせたまま……なんて人もいるはず。

そんな不要になったメガネを、全店で無料回収・リサイクルしているのが、蒼井優さんのCMでお馴染みのブランド「JINS」。

方法は、メガネを最寄りのお店に持っていき、店頭に設置された「メガネリサイクルBOX」に入れるだけ。セル(プラスチック)や金属といったフレームの素材もレンズの種類も問わず、サングラスまでOKだそう。もちろん、フレームとレンズを別々にする必要もありません。

111204NEWSjins02.jpg

壊れてしまった眼鏡でも、さらにはJINS以外のお店で買ったものでも、無料で回収してくれるのが嬉しいところ。回収されたメガネは。日本環境設計株式会社の油化プラントで重油などの資源に生まれ変わります。一部のパーツだけでなく、全部品を再資源化する取組みは業界初だそう。

JINSは、「服を着替えるようにメガネも着替える」というコンセプト通り、リーズナブルで種類豊富なフレームや、レンズの度数にかかわらず追加料金0円など、画期的なサービスでアイウエア業界を牽引するブランド。

111204NEWSjins03.jpg

現在、全国で110店舗を超え、今もお店の数は増えているそうなので、メガネのリサイクルもますます身近なものになっていきそうですよね。

BOXに入れるときは、心の中で「ありがとう」の言葉も忘れずに。大事に使った愛着あるメガネだからこそ、ただ捨てるのではなく、感謝を込めて資源に生まれ変わらせてあげたいですね。

[JINS]

text by hato
--------------------------------------------------------------------------------
profile_ishigami.jpg物心つく頃から鎌倉の海と山に挟まれて育ち、気づけば在住30年。大学で現代アート、大学院でアートを取り巻く社会学を研究しながら、演劇作家として活動。女性誌広告ディレクターを経て、現在はフリーのライター、脚本家、物語作家。20代後半からタオヨガを学び、中国などで気功と瞑想のトレーニングを受ける。「直観とつながり、体が感じることに素直に生きる」ことを大切にしています。

■ あわせて読みたい
オトナの女性の知的好奇心をスイーツで満たす!? 土曜夜の「グレーテルのかまど」
石井ゆかりさんの最新刊「星をさがす」で、願いを叶えてくれる自分の星を見つけよう!
カゼ・インフルエンザ予防に! 意外と多い口腔内細菌をキレイに保つ舌専用ブラシ
世界を変えるフェアトレード自転車! 究極のエコ素材「竹」でできたZAMBIKES
ミツバチ失踪ミステリー! そのワケとは……?
【本日公開】これぞロハスライフ!  原田知世&大泉洋が手作りパンで迎える 映画『しあわせのパン』
天ぷら鍋から女性の肌までツルツルにする不思議なナチュラル洗剤「とれるNo.1」!
お買い物でエコアクション! コレを読めばあなたもオーガニックを選びたくなる!?