111201NEWSringo01.jpgニューヨークでは、秋になると収穫されたばかりの色とりどりのりんごや、アップルサイダーなどが、マーケットに並びます。朝食やスナックとしてりんごを丸ごとかじりするのもニューヨーカー流。

アメリカでは、一日一個食べて医者いらずと言われるほど栄養価の高いりんご抗酸化物質フラボノイド、ビタミンC、ファイトニュートリエントと呼ばれる栄養素が豊富で、心臓病、心疾患、大腸がん、 乳がん、さらにはアルツハイマー、パーキンソン病を予防する効果があります。

また、悪玉コレストロールを減らして善玉コレストロールを増やしてくれるのです。りんご一つ当たりに含まれる食物繊維は平均5グラムで、一日に必要な食物繊維の15%から、20%を摂取できます。

アメリカのアンチエイジングの権威Dr. ペリコーンも、アンチエイジングやボディメイキングに効果的としてりんごを推奨しています。

りんごは、一個当たり70から100カロリーと低カロリーで、その後、数時間食欲を押さえてくれる効果もあるのだとか。皮にも沢山栄養が含まれているので、出来ればオーガニックのものをよく洗って皮ごと頂くのがオススメです。

まさにスーパーフルーツと言える、りんご。年間を通して手に入りやすいのも嬉しいですが、何と言っても今の季節が旬 。ちょっと小腹が空いた時、スナック代わりにりんごを食べて病気、肌荒れ知らずの冬に備えてみるのはいかがでしょうか。

text by白石里美
--------------------------------------------------------------------------------
shiraisihi01.jpgニューヨーク在住のライター/翻訳家/米国ホリスティックヘルスカウンセラー。最新のデトックス、美容情報に精通。”心と体の健康なくして美は成らず”を信条に、栄養学、ファスティング、オーガニック、ワークアウト、ヨガ、ナチュラルコスメ、ファッションまで内面と外見をトータルでケアする記事を執筆。 肌と体と心に効くこと色々を気ままに綴るブログ更新中

■ あわせて読みたい
北欧ノルウェーから100%オーガニックの抗酸化ジュース「ritni」が日本上陸!
2012年のケーキ・トレンドは「グルテンフリー」! セレブも夢中になるその魅力とは?
天然ヨードたっぷりの重要文化遺産で採れる「スロベニアの塩の花」とは?
行列のできる日本食屋さん! パリでも『BENTO』はヘルシーフードの代名詞
ハーブ界の女王のアーユルヴェーダハーブ「トゥルシー」で今年の冬は風邪知らず!
日本で大人気だったあのドリンクが復活!? ニューヨークで大流行中のKombuchaとは!?
心にもカラダにもおいしい! 京野菜たっぷりのスイーツはいかが?
ピリリとした辛さが刺激的でクセになる! オーガニックのジンジャー・コーディアル