111220NEWSpm01.jpgビジネスシーンでも、プライベートでも様々なストレスをかかえる現代女性、休暇ではリフレッシュだけでなく、いままでの自分からちょっとステップアップできたらいいな〜なんて思いませんか?

そんな人には、手つかずの大自然が残る魅惑の地と呼ばれるニューメキシコ州のサンタフェを訪れてみてはいかがでしょう。アメリカでも有数のパワースポットとして、セドナと並び紹介されるのが、このサンタフェ

数多くのヒーラーたちが集まり、ヒーリングセッションなどの選択肢も豊富にあります。でも、いくら本場でヒーリング三昧を夢みても、言葉がわからないと困りますよね?

そこでご紹介したいのが、サンタフェで日本人向けの観光や商用のツアーを行っているサンタフェ・ジャパン・コネクション」。ここにお願いすると、日本人ガイドさんの通訳を受けながら、ヒーリングセッションを受けることもできますよ。旅プランには、滞在日数別のヒーリング・ツアーがあり、癒し三昧の旅をしたい人には嬉しいかぎり。なかでもイチオシのプランは、「ヒプノ・マッサージ」だそう! 早速、体験してきました。

「ヒプノ・マッサージ」は、マッサージに、催眠療法の「ヒプノ」をプラスすることで、普通のマッサージよりリフレッシュ効果が長続きするというもの。より深い自己ヒーリング効果を得ることができ、ひいては免疫力の向上にもつながるのだそう。

サンタフェ在住のセラピストの和田サヨコさんは、アロマ・セラピー、ハイドロ・セラピー,ディープ・ティシュー、スウェディッシュ・マッサージ等、マッサージに関してはプロフェッショナル。施術は、ハーブや草花の咲く庭が清々しいサヨコさんの家で行われます。

111220NEWSpm02.jpg

アロマオイルの漂う空間で、マッサージに身を委ねるのは、それだけで至福のひとときですが、そんな半睡眠状態の心とカラダに、優しくも凛としたサヨコさんの語りかけが響きます。
いくつか列記すると、
「私を癒しているのは、私のなかの私の手」
「私は私を癒すことができる」
「私は強い」などなど。

催眠療法というと、何やらすごい暗示をかけられそうなイメージがありますが実際はそうではなく、カラダの凝りに「ツボ」があるように、心の凝りにも「ツボ」があって、そのツボを探し当てるべく、語りかけられる言葉といった印象でした。

施術が終わってしばらくしてからも、折に触れてそれらの言葉を思い出してみると、勇気づけられた気分になります。自己ヒーリングの方法は人それぞれと思いますが、癒しの方法をあれこれ試行錯誤している人には、自分にとって何がベストか教えてくれる、ヒプノマッサージ、ぜひ試してみてくださいね。

text by 松田朝子
--------------------------------------------------------------------------------
matuda_p.jpg旅行作家・トラベルジャーナリスト。日本旅行作家協会所属。旅と女性のよりよい関係を追求することから、国内外のアンチエイジング、ビューティーなどを研究。女性旅行作家たちのサイト「女性の旅研究会」管理人。著作「旅先だとどうして彼は不機嫌になるの」(自由国民社刊)


■ あわせて読みたい
北欧ノルウェーから100%オーガニックの抗酸化ジュース「ritni」が日本上陸!
【本日発売】ストレスが髪のハリを失わせる!? アーユルヴェーダに基づいた本格スカルプケア
ズボラ女性必見の時短ケア! お風呂で本格保湿ケアを叶えるLUSHの新発想コスメ
【日本初上陸コスメ】アフリカの大地のパワーを閉じ込めた「ビーガンコスメ」でうるおいチャージ!
【新発売】ジュリークの一本3役万能コスメ! 未来の肌を守るオーガニック・サンプロテクト
【本日発売】肌に塗るコルセット!? 時を巻きもどすジェモセラピー・コスメが登場!
寝室から恋愛運アップ! 職人が1つずつ手づくりで作ったチャーム付きモロッコ・コスメ
サンスクリッド語で「解放」を意味するモクサで、寒さで縮こまったカラダと心を解き放つ!