111227NEWSeco01.gifクリスマスが過ぎると、洋から和へひらりと衣装替えしたかのように、街はあっという間にお正月カラーになりますね。大人になっても、なんとなく心浮き立つ年の変わり目。すす払いをして玄関にお正月飾りの支度を済ませると、背筋がぴんと伸びたような気分になります。


さて、お正月の楽しみといえばお節料理をはじめとして、美味しい料理にお酒!そんな華やかな食卓を、美しく演出してくれるテーブルウエアをご紹介しましょう。

111227NEWSeco02.jpg

名前は「asahineko(あさひねこ)」。伊勢神宮式年遷宮のご神木の里、岐阜県付知(つけち)産の木曽五木を使った生活道具のブランドです。木曽五木とは、あすなろ、さわら、ひのき、ねずこ、こうやまき。五木の頭文字をとって「あさひねこ」。この呼び名は、地元の子どもたちが木の名前を覚えるときに教わる昔なじみのものだそうです。

111227NEWSeco03.jpgボトルクーラー(W225 × D170 × H200/14,700円税込)/曲盆(W300 × D300 × H34/4,725円税込)

端正な木目を生かした、美しい木の道具たち。新年の清々しい食卓は、こんなワインクーラーやお盆でしつらえてみたいですね。ベースは和でありつつもモダンなデザインなので、洋風の料理にも似合います。箸置き、ナイフレスト、鍋敷きなどの小物のほか、サイドテーブルなど家具としてつかえる製品もあります。

生産者の人たちが目指しているのは「使い手とともに育つ道具つくり」。 1年後には1年後の、10年後には10年後の表情を持つ道具にしたいと考えているとか。木曽五木はいずれも針葉樹で、柔らかく傷つきやすい反面、香りがよく、軽くて扱いやすいという長所も。これらの特性を活かして、年月とともに使い手に馴染むデザインを心がけたとのことです。

長く使える道具を、慈しみながら大切に使っていきたい。自然とそんな気持ちにさせてくれるアイテムです。

[asahineko]

text by 川口章子(フリーランスエディター/ライター)
-------------------------------------------------------------------------------
kawaguchisyouko01.jpg出版社で企業広告のディレクター、読者マーケティングなどの仕事を経て独立。エコグッズ通販サイトのコラム執筆、ロハス系雑誌の創刊や編集に関わる。ほかに住宅、インテリア、育児などをテーマにした執筆も。


■ あわせて読みたい
10年愛用できる! 消しゴムをヒントに生まれた洗剤いらずの長持ちお掃除ブラシ
嫌なニオイは消してイイ香りは残す! エコな消臭剤で爽やかな新年を送ろう
やわらかくてぽかぽか! ウエットスーツ素材で心までぬくもる、愛らしい湯たんぽ
エコ&フェアトレード! 発展途上国の女性たちがつくる、カラフルで実用的なバッグ
黒はクマ、白はネズミ!? 廃棄物がかわいいプロダクトに大変身!
切りっぱなしのヒミツは抗菌作用!? バーコード柄までそろう日本のエコグッズ「てぬぐい」
まばたきの間に起きていることを知れば、世界の見え方が変わる!