120112NEWSkore01.jpg経済問題を抱え、ヨーロッパの問題児として注目を浴びるギリシャですが、マイナス面ばかりが注目されているわけではありません。ロハスな女性のあいだで今話題になっているのが、ギリシャ生まれのコスメ!

ヨーロッパのデパートや、ビオショップでは、ドイツ、スイスのメジャーなナチュラルコスメと並んでギリシャブランドがスポットライトを浴びています。

いくつもの島々から成り立つギリシャには、5,500以上の種類のハーブが生息していて、そのうち約750種はギリシャ特有のハーブだと言われています。汚染の少ない地中海の風と、太陽の光を浴びて育つハーブは、ヒーリング効果がとても高いといわれ、アロマテラピーや医療にも使われています。

古代ギリシャでは、「医学の父」と呼ばれるヒポクラテスや、自然学に大きな影響を与えたアリストテレスなど、古代ギリシャ哲学者たちが自然療法を確立したと伝えられています。ナチュラルコスメが生まれるのも納得の環境ですよね。

ギリシャ産ハーブのなかでも特に注目浴びているのが、ギリシャのクレタ島だけに野生で群生するという希少な「クレタディタニー(ディタニーオブクリート、ディクタモス)」。オレガノの一種で、紀元前から傷を治す薬草として知られています。

大気汚染、ストレス、乾燥、エイジングなどによる現代人の「傷」である肌のトラブルも癒してくれるそう。余談ですが、ギリシャ神話の愛と美の女神アフロディーテも愛用したこのハーブは、媚薬としての効果も高いとか!?

120112NEWSkore02.jpg日本では Korres(コレス) や Apivita (アピヴィータ)などの世界でも有名なギリシャブランドが展開されています。

また、日本未発売のBioselect 社の Dictameliaは、欧米で話題のヒーリングクリームです。乾燥肌や敏感肌を保護し、リップバームやハンドクリームとしても大活躍。ヨーロッパ旅行の際には、ぜひチェックしてみてください!

[Korres, Apivita, Bioselect ]

text by びねくにこ
--------------------------------------------------------------------------------
profilebine.jpgフリーの翻訳者・ライターとして活動し、フランスと南アフリカを経て、現在はフランス人の夫と息子(と犬&猫)と共にベルギー在住。仏系メディカルアロマテラピーと英国系ビューティ&サイコアロマテラピーを学び、ライフコーチングディプロマも取得。ホリスティックなアロマライフカウンセラーとしても活動中。心と体にいいと噂されるものは試さずにはいられない質。沖縄県出身。上智大学外国部学部卒。パリ第3大学ヨーロッパ研究学科卒。
Twitter ID: kuubinet
■ あわせて読みたい
2012年のケーキ・トレンドは「グルテンフリー」! セレブも夢中になるその魅力とは?
天然ヨードたっぷりの重要文化遺産で採れる「スロベニアの塩の花」とは?
行列のできる日本食屋さん! パリでも『BENTO』はヘルシーフードの代名詞
アヴェダ創設者が精魂込めるオーガニックコスメ! 日本未入荷「Intelligent Nutrients」とは?
便秘&腸内環境スッキリ! スロベニア発の超硬水ミネラルウォーター「ドナト」がスゴイ
日本で大人気だったあのドリンクが復活!? ニューヨークで大流行中のKombuchaとは!?
ロハスなパリジェンヌは、自転車の乗り捨てが当たりまえ!? パリの最先端エコ事情