ニュースの教室2限目:「日本のピリオド」〜日本車が売れてるのに、日本が儲からない?〜

写真拡大

ニュースの現場から、ビジネスに活きるヒントを見つけ出す連載コラム「ニュースの教室」。
2限目となる今回は「日本のピリオド」。
------------------------------------------------------------------------
世界中でクルマが売れている。日本のクルマも売れている。
しかしそのことが必ずしも日本経済を沸き立たせてくれない。
景気が日本を素通りしているようだ。なぜだろう。

たとえばそのヒントは、朝日新聞が1月28日朝刊で掲載した、
「車販売新興国で明暗」という署名記事にありそうだ。

1.自動車の世界販売台数は09年に落ち込んだが、
10年、11年と急速に回復した。

2.GM(ゼネラルモーターズ)は急回復でトップに返り咲き、
日産・ルノーもV字回復で世界3位に浮上した。
VW(フォルクスワーゲン)はそれまでの横ばいから、
2年で世界2位にまで伸長した。

3.08年にGMを抜いて世界1位になったトヨタは、
11年には落ち込み、世界4位に甘んじた。

4.11年には東日本大震災やタイの洪水被害があったため、
部品供給が滞って日本の自動車会社はどこも苦戦を強いられた。
しかし日産は部品調達がスムーズで、他社より生産再開が早かった。

5.日産はコスト削減のために世界共通の車台を作っていた。
この車台を使ってタイ工場で10年に「マーチ」の生産を始め、
11年には中国、インド、メキシコなどでも生産を開始した。

この記事から日産好調の要点を拾えば、つぎの3点だろう。
1.販売ターゲットを中国やメキシコなどの新興国に絞った。
2.新興国ユーザーに合わせて低価格、低コストを徹底した。
3.そのために部品の世界共通化と人件費が安い現地生産を徹底した。

日産は間もなくメキシコでの生産が100万台を突破するという。
対するトヨタのメキシコ生産能力は5万台だそうだ。
トヨタは国内の販売シェア4割を落とさないために、
海外への大規模な生産シフトがとりづらいというのだ。

トヨタと比べると日産の経営戦略の確かさ、力強さが際立って見える。
GMもVWも同じ経営戦略を取って好調であることから考えれば、
世界市場を相手にしたビジネス戦で勝ち残るやり方は明らかだ。

新興市場への食い込み、世界共通規格、世界広域調達、現地生産。
これが世界市場で戦う企業のキーワードだろう。

このキーワードは同時に、世界市場を相手に戦う企業が、
祖国に雇用や利益をもたらさなくなることを意味している。

部品や完成品に投入される労働は海外にある。
部品の運搬や保管、完成品の運搬は海外で発注される。
決済は海外の銀行を使って行われる。
生産から販売まで、祖国に落ちる金はほとんどなくなるのだ。

明治以来、私たちが見慣れてきた日本の経済社会は、
いまやピリオドを打とうとしているようだ。
昨年、日本の貿易収支は31年ぶりに赤字へと転落した。

しかしピリオドとは、もちろん終止符のことではない。
一区切り、という再生の予感を孕んだ意味としたい。

------------------------------------------------------------------------
文●楢木望
ライフマネジメント研究所所長/ビジネスエッセイスト
『月刊就職ジャーナル』編集長、『月刊海外旅行情報』編集長を歴任。その後、ライフマネジメント研究所を設立、所長に就任。採用・教育コンサルタント、就職コンサルタント、経営コンサルタント。著書に『内定したら読む本』など。